ORB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ORB(オーブ)は、Castlewood Systemsが開発したリムーバブルディスクドライブである。

基本構造は、ハードディスクのディスク部のみをカートリッジに収めて交換可能としたもので、リムーバブルハードディスクと呼ばれる製品のひとつである。

ORBドライブとディスク


リムーバブルハードディスクの代名詞で、米国ではリムーバブルハードディスクの別名のように使われていたSyQuest1998年に破産法適用申請)の創始者であるSyed Iftikarが1996年にCastlewood Systems社を創設し、このORBを発売した。日本では、新日エレクトロニクス株式会社が代理店として販売していた。

リムーバブルハードディスクとしては初めてMRヘッドを採用し、2.2Gの容量で、競合他社の製品よりメディアが安価であるのを売りにしていた。その後、GMRヘッドを搭載した5.7Gの新製品の発表もされた。

しかし、速度の遅さや後に出てきたDVD-RAMなどのメディアからシェアを奪うことができず、経営の悪化により結局5.7Gメディアも発売されることなく市場から撤退、日本では2002年2月に販売を終えた。

ドライブは3.5インチ内蔵型・外付け型を用意し、ATAPISCSIIEEE 1394パラレルポートUSB1.0に対応するドライブを販売していた。

ORBは、ディスクをFDDと同じに交換する感覚で毎回、起動したいOSを選択することが可能である。しかしORBは、ディスクカートリッジの出し入れの構造がFDD以下あるいは同等レベルでドライブのMRヘッドがディスクカートリッジを傷つけてしまうことがある。当然、MRヘッドHDD型ディスクの構造上、故障する確率が高い。