OGXペトロレオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OGXペトロレオ
OGX Petróleo e Gás Participações S.A.
OGX.svg
種類 公開会社
市場情報 Bovespa: OGXP3
略称 OGX
本社所在地 ブラジルの旗 ブラジル
リオデジャネイロ
設立 2007年
業種 石油
事業内容 石油・天然ガスの採掘
主要株主 グルーポEBX(61.3%)、教職員年金基金(12.7%)
外部リンク http://www.ogx.com.br/
テンプレートを表示

OGXペトロレオOGX Petróleo e Gás Participações S.A.)は、持株会社グルーポEBX傘下の石油及び天然ガス採掘会社である。本社をリオデジャネイロに置いている。グルーポEBXが株式数の61.3%を保有しており、教職員年金基金が12.7%を保有している。100%子会社にペトロレオ・エ・ガス・リミテッドを保有している。

2007年に設立され、2008年6月に、Bovespaに株式を新規に公開させた。その時の調達金額は67億レアル[1](当時のレアルの為替レート1レアル=67円の計算で4489億円)であり、ブラジルにおける新規公開調達金額では、最大規模の金額であった(2009年に、バンコ・サンタンデール・ブラジルがその金額を上回る資金を調達している)。2010年に、IBOVESPA構成銘柄に採用された。

OGXペトロレオが採掘をしている場所は、パラー州マラニョン州沖合、マラニョン州のパルナイバ盆地、エスピリトサント州沖合、カンポス油田、サントス油田である。

脚注[編集]

  1. ^ Who we are”. OGXペトロレオ・ホームページ. 2010年6月26日閲覧。