OGLE-2005-BLG-169Lb

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OGLE-2005-BLG-169Lb
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
主星
恒星 OGLE-2005-BLG-169L
星座 いて座
赤経 (α) 18h 06m 05s
赤緯 (δ) -30° 43′ 57″
距離 8,800 ly
(2,700 pc)
スペクトル分類 M?
主星との距離
推定距離 (d) 2.7 AU
最短距離 (t0) 2,453,491.88 JD
運動角 (α) 117.0°
物理的性質
質量 (m) 13 M
表面温度 (T) ~70 K
発見
発見日 2006年3月10日
発見者 MicroFUN,
PLANET/RoboNet, OGLE
発見方法 重力マイクロレンズ法
現況 公表
他の名称
EWS 2005-BUL-169Lb, EWS 2005-BLG-169Lb
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data

OGLE-2005-BLG-169Lbいて座の方向に約2700パーセクの距離にあるOGLE-2005-BLG-169Lの周囲を公転する太陽系外惑星である。Optical Gravitational Lensing Experimentにより、重力マイクロレンズ法で発見された。親星は0.49太陽質量程度と推定され、惑星は13地球質量程度と見られている。この大きさと温度の推定値は天王星に近い。この惑星は天王星のような凍った木星型惑星か、凍った岩石質の表面を持つ「裸のスーパーアース」であると考えられている[1]。また、2009年時点で2つだけ見つかっている太陽系外のコールド・ネプチューンの1つである。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]