O16 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルクマールにおけるO16
艦歴
起工 1933年12月28日
進水 1936年1月27日
就役 1936年10月2日
戦没 1941年12月15日
除籍
性能諸元
排水量 984 t(基準)、1,194 t(水中)
全長 76.5 m
全幅 6.6 m
吃水 4.0 m
機関 ディーゼルエンジン1,600 hp 2基
モーター460hp 2基、2軸推進
速力 18 kt(水上)、9 kt(水中)
航続距離
乗員 42 名
兵装 533 mm魚雷発射管 8門
88 mm砲 1門
40mm機関砲 2門

O16 (Hr. Ms. O 16) はオランダ海軍潜水艦

艦歴[編集]

1939年にオランダ領東インドに配備され、オランダからスエズ運河を経由してオランダ領東インドまで移動。

1941年12月初め、シンガポールへ移動。12月6日、シンガポールから南シナ海へ出撃。12月10日夜、パタニ沖で日本船団を攻撃し東山丸金華山丸阿蘇山丸を大破させた。12月13日、O16はシンガポールへの帰途についたが12月15日にチオマン島付近で触雷し沈没した。41名が死亡し、生存者は一人だけであった。O16が触雷した場所は12月7日に日本の特設敷設艦辰宮丸が機雷を敷設した海域であった。

参考文献[編集]