O-16 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS O-16 (SS-77).jpg
艦歴
発注 1916年3月3日
起工 1916年10月7日
進水 1918年2月9日
就役 1918年8月1日
退役 1924年6月21日
その後 スクラップとして廃棄
除籍 1930年5月9日
性能諸元
排水量 水上491トン、水中566トン
全長 175 ft
全幅 16 ft 7 in
吃水 13 ft 11 in
機関
最大速 水上14ノット (26 km/h)
水中11ノット
乗員 士官2名、兵員27名
兵装 3インチ砲1門
18インチ魚雷発射管4門

O-16 (USS O-16, SS-77) は、アメリカ海軍潜水艦O級潜水艦の1隻。

艦歴[編集]

O-16は1916年10月7日にカリフォルニア州ロングビーチカリフォルニア・シップビルディング社で起工した。1918年2月9日にI・H・メイフィールドによって命名、進水し、1918年8月1日に艦長W・M・クイグリー大尉の指揮下就役した。

第一次世界大戦の末期に就役した O-16 は、戦闘に参加することはなかった。戦後はニュージャージー州ケープ・メイに移動し、1919年9月20日に乾ドック入りする。10月に O-16 はフィラデルフィアへ向けて出航、12月29日、上部構造で火災が発生したが大きな損傷を受ける前に鎮火した。

1922年、O-16 は潜水および操艦試験のためパナマ運河地帯ココ・ソロに配備された。O-16 は O-12 (SS-73)、O-14 (SS-75)、O-15 (SS-76) および潜水母艦ブッシュネル (USS Bushnell, AS-2) と共に巡航、1月26日にキューバグアンタナモ湾に到着し、その後もヴァージン諸島海域での巡航を続けた。4月にココ・ソロに帰還、同地で電気技師と機関技師が調整のために乗艦した。

1923年11月、O-16 はフィラデルフィアに向けて出航し、同地で1924年6月21日に退役した。就役からちょうど5年半であり、フィラデルフィア海軍造船所の司令官に指揮権が返還された。1930年5月9日に除籍され、艦はロンドン海軍軍縮条約に従って1930年7月30日に廃棄された。

外部リンク[編集]