O・A・C・ランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
O.A.C. Lund
O・A・C・ランド
本名 オスカル・アラリク・ルンド
Oscar Alarik Lund
別名義 オスカー・A・C・ランド
Oscar A.C. Lund
オスカー・ランド
Oscar A.C. Lund
生年月日 1885年5月21日
没年月日 1963年
出生地 スウェーデンの旗 スウェーデン ヴェストマンランド県ハルストハンマル
職業 映画監督脚本家俳優映画プロデューサー
ジャンル サイレント映画
活動期間 1912年 - 1933年

O・A・C・ランドO.A.C. Lund, 1885年5月21日 - 1963年 )は、スウェーデン出身のアメリカ合衆国映画監督脚本家俳優映画プロデューサーである[1]。本名オスカル・アラリク・ルンドOscar Alarik Lund)、米国ではオスカー・A・C・ランドOscar A.C. Lund)、オスカー・ランドOscar A.C. Lund)とも名乗った[1]

人物・来歴[編集]

1885年(明治18年)5月21日、スウェーデン・ヴェストマンランド県ハルストハンマルコルベックで「オスカル・アラリク・ルンド」として生まれる[1]

20世紀初頭にアメリカ合衆国に移住し、1912年(明治45年)、エクレール・アメリカ製作、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)配給、ジョージ・ラーキン主演の短篇劇映画 The Wager で映画監督としてデビューする[1][2]。エクレール・アメリカでは、1914年(大正3年)の『国事探偵』まで、短篇映画を量産し、同年、シューバート・フィルムに移籍する[1]

1915年(大正4年)、ユニヴァーサルに移籍、ハリー・ケリー主演の長編映画 Just Jim を監督する。1916年(大正5年)にユニヴァーサル傘下に設立された製作会社・ブルーバード映画でも、1918年(大正7年)に『相携へて』、1919年(大正8年)に『自然の乙女』をヴァイオレット・マースロウ主演作としてそれぞれ監督し[3][4]、いずれも日本でも公開された[5]。同年、『自然の乙女』をもってユニヴァーサルでの作品の記録は終わる[1]

5年後の1924年(大正13年)、自らのランド・プロダクションズ製作、シーナ・オウエン主演の For Woman's Favor を監督する[1]。1926年(大正15年)、ヘンリー・マックレイ監督の『電話の秘密』に脚本を提供して以降、米国でのキャリアの記録はない[1]

1933年(昭和8年)、母国スウェーデンで、ランドとしては初めてのトーキー Kärlek och dynamit (「恋とダイナマイト」の意)を監督する[1]。同作以降の記録はない[1]

1963年(昭和38年)、死去した[1]。満77-78歳没。ストックホルムの共同墓地スコーグスシュルコゴーデンに眠る。

フィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k O.A.C. Lund, Internet Movie Database (英語), 2010年4月19日閲覧。
  2. ^ The Wager - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年4月19日閲覧。
  3. ^ Together - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年4月19日閲覧。
  4. ^ Together The Nature Girl - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年4月19日閲覧。
  5. ^ 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.

外部リンク[編集]