Nujabes

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nujabes
基本情報
出生 1974年2月7日[1]
出身地 日本の旗 日本東京都港区
死没 2010年2月26日(満36歳没)[2]
ジャンル ヒップホップ
チルアウト
職業 音楽プロデューサー
活動期間 1995年 - 2010年
レーベル Hydeout Productions
共同作業者 Shing02
Uyama Hiroto
公式サイト Hydeout Productions

Nujabes(ヌジャベス、アーティスト名:瀬葉 淳(せば じゅん)[3][4] 1974年2月7日[1] - 2010年2月26日[2])は、東京都港区西麻布出身のDJヒップホップのトラックメイカー、音楽プロデューサー。

1995年~2010年にかけて東京・渋谷を拠点に幅広い音楽活動を展開。1995年7月、渋谷宇田川町の一番奥まった古ビルに、レコード店「GUINNESS RECORDS(ギネスレコード)」を開店。世界中の良い音楽をどこよりも安価で提供、音楽愛好家やミュージシャンに交流の場を提供。1999年3月、渋谷神南に「Park Avenue Studios(パークアべニュー・スタジオ)」を設立。インディペンデントレーベル<Hydeout Productions>を主宰。独自の音楽感に基づく、流麗華麗な楽曲を作り上げていった。国内外のミュージシャンとのコラボによる12インチレーコード50数枚の制作を経て、2003年1stアルバム「metaphorical music」、2005年2ndアルバム「modal soul」を発表。日本のジャズ・ヒップホップシーンを切り開き、その土壌を作った。「その美しい音楽には、少年期からの彼の人生が織り込まれていて、それが心の在りか、安らかな落ちつき場所を求める僕らの琴線に触れるが、甘美な郷愁を誘う音の結晶は、彼の真摯で丹念な探求の賜物だ。そして彼が誠実に向き会った結果、その音は確かに僕らの渇きを潤し、時代が必要とするものとなった」(橋本徹SUBURBIA)。

2010年2月に交通事故で逝去。享年36。東京都営霊園にある墓に埋葬された。墓誌には「NUJABES・瀬葉淳」と刻まれている。2011年に3rdアルバム「Spiritual State」を発表した。(Hydeout Pro記・「瀬葉淳」が正しく、「瀬場潤」ではありません。)

来歴[編集]

  • アーティスト名 "nujabes" という特異な名前は、彼のペンネームの「瀬葉淳・セバジュン(淳は本名)」をローマ字表記にしたSEBAJUNを、NUJABESと逆から読んだものである。このNUJABESの名は、その美しい彼の音楽とともに地球を一人歩きし、人種や民族、国境や言語を軽々と飛び超え、世界を駆け巡り、日本が世界に誇る日本人アーティスト名として広く知られるようになった。[4]
  • Nujabesとしての音楽活動は、1995年に渋谷区宇田川町のマンハッタンレコード店を曲がった奥まった高野ビルでレコード店 (Guinness Records) を開店したことが始まり。彼は、まだ学生で21歳の時だった。「その店は品揃えはもちろん、インテリアなどの居心地の良さも含め、彼の美意識が投影された、従来のレコード・ショップとは一線を画す空間だった」(橋本徹SUBURBIA)。Hyde Out ProductionsというレーベルとTribeというレコードショップを運営。
  • コムデギャルソンパリでのファッションショーでは音楽ディレクターを務めたことがある。
  • 「Luv(sic)」シリーズでのShing02など、多くのヒップホップMCとのコラボレーションが活動の中に見られた。
  • 渡辺信一郎監督からのラブコールを受け、アニメ『サムライチャンプルー』に数トラックを提供した。
  • 2010年2月26日深夜、東京都港区で起きた交通事故で逝去。享年36[2]
  • 2011年12月3日、3rdアルバム『Spiritual State』が発売された。

使用する機材[編集]

インタビューではAKAIMPC2000xl、e-5000、ローランドPC-300を主に使っていると発言。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 『Metaphorical Music』(2003年8月21日)
  • 『Modal Soul』(2005年11月11日)
  • 『Spritual State』(2011年12月3日)
    • tribeストア500枚限定で未発表曲2曲が収録された7inchが付属された『Spiritual State -tribe edition-』も同時に発売された。

その他[編集]

  • Hyde Out Productions First Collection (2003.04.23)
  • Bullshit As Usual/Pase Rock (2003.04.25)
  • Samurai Champloo Music Record "departure" (2004.06.23)
    • 1. battlecry (feat. Shing02)
    • 2. the space between two world
    • 3. aruarian dance
    • 4. transcendence
    • 5. mystline
    • 6. 1st samurai
    • 17. 四季の唄
  • Samurai Champloo Music Record "impression" (2004.9.22)
    • 8. A Space In Air In Space (Interlude)
    • 9. Sanctuary Ship
    • 10. Haiku (Interlude)
    • 11. Tsurugi No Mai
    • 12. Dead Season
    • 13. Decade (Interlude)
    • 14. World Without Word
    • 15. Kodama (Interlude)
    • 16. Silver Morning
    • 23. Who's Theme
  • Hyde Out Productions / 2nd Collection (2007.11.11)
  • Uyama Hiroto / a son of the sun (2008.07.16)
  • Kenmochi Hidefumi / Fallicia (2008.11.05)

脚注[編集]

  1. ^ a b オクダケンゴ. “the birth of the true”. radiodAze. 2013年8月17日閲覧。
  2. ^ a b c Hydeout Productionsから緊急のお知らせ
  3. ^ hydeout productionsオーナー、トラックメイカーのnujabesが死去(CDジャーナル)
  4. ^ a b 石井知明 (2010年3月24日). “nujabes急逝に世界中から追悼コメント:芸能・社会記者ブログ”. 中日スポーツ. 2013年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]