Nolife

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Nolife(ノライフ)はフランステレビネットワークJ-POPテレビゲーム日本文化テクノロジーなど日本のサブカルチャーとメインカルチャーを主に扱う。キャッチコピーは「人生は現実の人生だけではない」。

概要[編集]

Nolifeは他のテレビネットワークで働いていたフランス人ディレクターAlex PILOTと、その友人Sebastien RUCHETとの2名の手によって、独立したテレビネットワークとして設立された。彼らがNolifeを作りたかったのは、自分達のプロジェクトがしばしば拒否されたためと言っている。Nolifeはフランスのインターネットプロバイダ「Free」のADSLネットワークを利用することによって、非常に少ない費用(月額にして数百ユーロ)で開設された。

2008年、Nolifeは、テレビゲームや漫画アニメを好むフランスの視聴者によく知られるようになっていたが、深刻な財政的困難に陥ったため、新たな投資者を探すことになった。かつて一緒に仕事をしたことがあるフランスのゲーム会社「Ankama Games」が多額の投資を提供したが、会社の支配権は渡さなかった。

2009年9月の時点で、視聴率は未公開だが、フランスの視聴率調査会社、Médiamétrieの調査によると、ケーブルテレビや、衛星放送を受信している人々のうち12%の人々が、Nolifeを受信することに興味があると言っている[1]

しかしこれらの結果にも関わらず、同年6月の時点においては、Nolifeは、多額の費用がかかる衛星放送も、また技術的理由からケーブル放送も計画未定であると発表した(2010年度よりケーブルでの放送を開始。衛星放送は未定のままである)。2009年8月26日オープンソースソフトウェアで用いられているビジネスモデルに従って、Nolife Onlineという名称で、有料のオンデマンドテレビサービスが開始された。Nolife Onlineでは、TVシリーズや、アニメ、日本の音楽関連の番組を除いて、Nolifeによる制作プロデュースされた番組に限りそれらを視聴できる。Nolife Onlineが世界中で利用できる一方、フランスのインターネットプロバイダを利用したテレビチャンネルは無料のままである。

番組[編集]

Japan in Motion は、日本の観光地イベントなどを、キャスターが現場に行ってレポートする番組。TSS製作。2009年9月から放送。2010年のシーズン2から麻生夏子がメインパーソナリティを務めている。2011年のシーズン4からぱすぽ☆2012年のシーズン6から東京女子流[2]きゃりーぱみゅぱみゅアーバンギャルドがレギュラーに加わった。放送後一ヶ月経過した番組は、番組の公式サイトで無料で視聴できる[3]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Médiamétrie survey results(in French)” (フランス語). 2012年3月9日閲覧。
  2. ^ 人気急上昇中の東京女子流 フランスの人気番組へ”. ホットエキスプレス (2011年12月20日). 2012年3月9日閲覧。
  3. ^ Japan in Motion(official site)” (フランス語). 2012年3月9日閲覧。

外部リンク[編集]