Nexenta OS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nexenta OS
Nexenta logo.png
NexentaOS desktop.png
Nexenta OS Alpha 5 上で動作中のGNOME 2.14.
開発元企業 / 開発者 Nexenta Core Team
OSの系統 OpenSolarisDebianUbuntu
開発状況 Current
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース 3.1.5 / 2013年10月01日
最新開発版リリース 4.0 milestone 24 / 2013年05月06日
アップデート方式 APT
パッケージ管理 dpkgapt-clone
対応プラットフォーム IA-32x86-64
カーネル種別 モノリシックカーネル (OpenSolaris)
ユーザランド GNU
既定のユーザインタフェース なし(インストール後にGNOMEXFCEを導入)
ライセンス GPLおよびCDDLを主とする
ウェブサイト The Nexenta Project

Nexenta OSは、OpenSolarisDebianUbuntuを元にしたIA-32x86-64アーキテクチャ向けのOSである。OpenSolarisのカーネルGNUライブラリユーザ空間とを組み合わせた最初のディストリビューションでもある。Nexenta Systems, Inc がこのプロジェクトを開始し、継続的な開発のスポンサーになっている。

ファイルシステムとしてSolaris由来のZFSを用いている事と、Debian同様にdebパッケージ化されたアプリケーションをaptを利用してインストールできる事が大きな特徴である。stable、testing、unstableの3つの公式APTリポジトリがあり、12000以上のパッケージがある。LiveCD、ハードディスクへのインストーラ、そしてVMwareイメージ版が提供されており、ソースコードもダウンロード可能である。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]