Netwide Assembler

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Netwide Assembler
対応OS マルチプラットフォーム
プラットフォーム x86(含x86-64
種別 アセンブラ
ライセンス BSDライセンス
公式サイト The Netwide Assembler: NASM
テンプレートを表示


Netwide Assembler (NASM) はインテルx86を対象としたフリーソフトウェアアセンブラであり、16ビット、32ビット (IA-32)、64ビットすべてのコード生成に対応している。

NASMは当初、Julian HallとSimon Tathamが作成していたが、現在はSourceForgeで少人数のチームによって開発されている。また、当初は独自のライセンスによって公開されていたが、後にBSDライセンスに変更している。

NASMはCOFFa.out形式、ELF、ネイティブMinix形式など様々な種類の形式の出力に対応している。フラットな単なる機械語のファイルも出力でき、ブートローダROMイメージ、OS開発などに用いることもできる。またNASMは独自の形式としてRDOFFを定めている。これは単純かつ実用的であるよう設計され、クロスアセンブルにも適するという特徴を持っている。なお、SPARCPowerPCなどx86以外でNASMを実行することもできる。その場合、当然そのコンピュータではNASMの出力したプログラムを実行できない。

NASMの哲学は、プログラマが簡単に理解できるIntelアセンブリ言語として親しまれるようにするということである。そのため従来のインテル構文を採用し(GNUアセンブラ (GAS)ではAT&T構文を採用)、MASMやその互換アセンブラに存在するセグメントオーバーライドプレフィックスの自動生成(ASSUME擬似命令など)は搭載していない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]