NO MORE 映画泥棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NO MORE 映画泥棒(ノーモアえいがどろぼう)は、全国の映画館で映画本編の直前に上映されるCM(マナームービー)である。

概要[編集]

2007年8月30日映画の盗撮の防止に関する法律施行2か月前の6月30日より、「映画館に行こう!」実行委員会の「映画盗撮防止キャンペーン」啓発CMとして上映開始された。2015年まで公開予定[1]となっている。ディレクターは耶雲哉治[2]

映画の盗撮を行っている男が逮捕されるというパントマイムと共に、ナレーションで劇場内での映画の撮影・録音が犯罪であることを啓発している。2010年3月からはダウンロード違法化にあわせた第2バージョン、2012年11月からは「違法ダウンロード刑事罰化」に合わせた第3バージョンに切り替わっている[3]

上映開始後は、登場キャラクターであるカメラ男等へのバラエティ番組からの出演依頼やタイアップ・商品化のオファーもあったが、映画業界から見れば悪の権化であり「おちゃらけたイメージにしたくない」ため、全て断っていた[3]。しかし、カメラ男を演じていたダンサーのO-ki2013年1月28日放映の『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系列)に出演し、テレビで初めて素顔とカメラの被り物を装着してのダンスを披露した[4]。以降は、「カメラ男を演じた人」としてO-kiがいくつかのメディアに出演している。

また、2014年にはカメラ男やパトランプ男のアクションフィギュアが発売されるなど、商品化も行われるようになった[5]

登場人物[編集]

盗撮男(カメラ男)
ビデオカメラの顔に黒いスーツを着ている男。映画盗撮をした為、最後は警察に逮捕される。
パトライト男(赤ランプ男)
カメラ男を逮捕する警察。第1期CMでは、赤ランプの音のみで、第2期CMでは、赤ランプの顔をしている警察が登場し、カメラ男を逮捕した。
女(ティアラ
第2バージョンのみ登場する女。映画盗撮を行うカメラ男を、ポップコーンを食べながら唖然とした顔で見つめていた。また、違法ダウンロードをしたため、逮捕される。

関連する出来事[編集]

アニメのセルソフトには、特典として上映に使用したフィルムの断片が封入されることが多いが、2011年10月発売のアニメ映画『劇場版マクロスF 〜サヨナラノツバサ〜』のBlu-rayにはアニメ本編ではなく「NO MORE 映画泥棒」のフィルムが入っていたとtwitterのつぶやきで報告する者が続出して話題となった[6]。当初は「ハズレ」扱いされていたこのフィルムであるが、ネットで話題になったため逆に価値が向上し、インターネットオークションでは本編の人気キャラクターが映っていたフィルムとほぼ同レベルの9610円の価格で落札された[7]。映画監督の樋口真嗣は、「NO MORE 映画泥棒」は映画本編と直接繋がってプリントされているので、特典が本物の上映用フィルムの証拠であるとコメントした[7]

パロディ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]