NOMOベースボールクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NOMO Baseball Club
チーム名(通称) NOMOクラブ、NOMO Baseball Club(野茂ベースボールクラブ)
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 クラブチーム
創部 2003年
チーム名の遍歴 NOMO Baseball Club(2003年 - )
本拠地自治体 兵庫県豊岡市
練習グラウンド 兵庫県立但馬ドーム他4施設
チームカラー 青色、黒色
監督 清水信英
都市対抗野球大会
出場回数 1回
最近の出場 2005年
最高成績 初戦敗退
社会人野球日本選手権大会
出場回数 1回
最近の出場 2006年
最高成績 初戦敗退
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 3回
最近の出場 2008年
最高成績 優勝1回

特定非営利活動法人 NOMO Baseball Club(ノモ・ベースボールクラブ)は、兵庫県豊岡市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである。野茂英雄によって設立された。

概要[編集]

社会人野球新日鐵堺(現在休部)出身のメジャーリーガー・野茂英雄が、社会人野球界の縮小を憂い、また、若い野球選手たちに活動の場を提供するために、2003年に立ち上げたチームである。活動資金は野茂が大半を出資するほか、運営母体の特定非営利活動法人の会員からの会費・寄付によっている。

2005年都市対抗野球大会阪和地区2次予選で、7年連続本大会出場を狙っていた松下電器を敗者復活戦で5-3で破って予選敗退に追い込むなど快進撃を続け、近畿予選で本大会最後の切符を争う三つ巴を制し、創部から2年で都市対抗野球初出場を決めた。同大会では初戦敗退に終わったが、同時に初出場を決めていた全日本クラブ野球選手権では初出場で初優勝を飾った。また同年、プロ野球ドラフト会議で所属の柳田殖生中日ドラゴンズから指名を受けて入団するなど、2005年はNOMOベースボールクラブにとって印象的な年となった。

2006年社会人野球日本選手権大会への初出場を決め、前年の都市対抗野球、クラブ選手権と併せ、社会人野球史上初の「日本野球連盟主催3大大会すべてに出場したチーム」となった。

選手は、日中は他企業の正社員やアルバイトをして働き、夜間に野球の練習を行う日々を送っている。また、プロで活躍する選手の輩出を目指しているため、スカウトへの露出が高い独立リーグや企業チームに所属選手が移籍することについては寛容である。

豊岡市へ移転[編集]

2011年2月22日堺浜野球場阪神高速6号大和川線の建設用地となることから、堺市からの本拠地移転を余儀なくされていることが明らかになった。

当初、移転先の候補として、佐賀県鳥栖市鳥栖市民球場)などが挙がっていた[1]が、同年5月にはクラブ関係者への取材により、鳥栖市に加え千葉県柏市も移転先の候補に挙がったことも報じられた[2]。候補のうち、鳥栖市は市長が歓迎の意向を示したが、使用条件で折り合わず、12月に移転を断念[3]。このため、クラブ側が移転先を公募[4]

2012年5月31日兵庫県豊岡市への移転を正式に発表。2013年1月に豊岡市での活動を開始した。今後は兵庫県立但馬ドームなど4施設で活動する予定[5]

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

  • 都市対抗野球 出場1回
  • 日本選手権 出場1回
  • クラブ選手権 出場3回、優勝1回(2005年)
  • JABA高砂市長杯争奪大会 優勝1回(2006年)

主な出身プロ野球選手[編集]

NPB
MLB
独立リーグ

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

この他に、小池と同時に楽天を自由契約になった高村祐が小池と共に同クラブの練習に参加していた。(ただし入部はせず。)小池・高村両投手は、野茂と同じくドラフト1位で近鉄に入団した選手である。

その他[編集]

ユニフォームのデザインは、野茂が中学生以来のファンだというガンダムがモチーフになっている。

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]