NO.1 (UVERworldの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NO.1
UVERworldシングル
収録アルバム LIFE 6 SENSE
B面 6つの風
超大作+81
リリース 2010年11月24日
規格 マキシシングル
12cmDVD(初回生産限定盤)
ジャンル ロック
オルタナティブ・ロック
ミクスチャー・ロック
ポップ・ロック
時間 14分35秒
レーベル gr8!records (SME)
プロデュース UVERworld
平出悟
チャート最高順位
  • 週間4位オリコン
  • デイリー2位(オリコン)
  • 2010年11月度月間15位(オリコン)
UVERworld シングル 年表
クオリア
2010年
NO.1
(2010年)
MONDO PIECE
2011年
テンプレートを表示

NO.1」(ナンバーワン)は、UVERworldの17枚目のシングル2010年11月24日gr8!recordsから発売された。

解説[編集]

今作に収録されている楽曲は、UVERworldが北海道まで合宿に行ったときに作った曲である。

表題曲「NO.1」は、2010年11月27日に行われたUVERworld初の東京ドーム公演「LAST TOUR FINAL at TOKYO DOME」のオープニングを飾った曲である。また、カップリングの「6つの風」もこのライブの21曲目で演奏された。

初回生産限定盤は「UVERworld LAST Tour 2010」追加公演のZepp Tokyoで演奏された3曲のライブ映像を収録したDVDが付属している。

キャッチコピーは、「東京ドームワンマンライブの1曲目を飾るナンバー!

収録内容[編集]

CD
  1. NO.1
    • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
    2010年11月27日に開催された東京ドーム公演「LAST TOUR FINAL at TOKYO DOME」のオープニングを飾った楽曲である。
    東京ドーム公演のセットリストを決めるに当たって、一曲目の候補としてデビュー曲「D-tecnoLife」、UVERworldとして最も売れたシングル曲「儚くも永久のカナシ」、当時の最新シングル曲「クオリア」などと候補が多く挙がったが、メンバーがどれもしっくり来ず、新しい曲を作ろうという事になって制作された(実際のライブでは「D-tecnoLife」は2曲目、「儚くも永久のカナシ」は5曲目「クオリア」は9曲目に演奏された)。TAKUYA∞はこの曲に関して、「今年一番の出来」と語っている。UVERworldとしては珍しく、製作時に付けられた仮タイトル「NO.1」のままタイトルが変わらずに完成した。
    歌詞の内容はタイトル通り、「自分達がNO.1だ」という内容であり、強気な表現が多く含まれている。「NO.1」というのは威張っているわけではなく、「自分達のやりたい事や夢を恥ずかしがらずに口に出して言える俺達がNO.1だ」という意味である。また、「UVERworld LAST Tour 2010」のMCでTAKUYA∞が語っていた小さい頃の夢の話についての歌詞も入っている。また、サビからは倍転している。PVはクラブ内でダンサーに囲まれて演奏する内容となっている。PV監督はこれで五度目となる石井貴英。
  2. 6つの風
    • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
    今起きているムーブメントが自分たちに何をもたらすかという疑問から生まれた曲。
  3. 超大作+81
    • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
    メンバー曰く「真剣にふざけた曲」で笑い要素がたくさん入っている。前作の「core ability+81」(10thシングル「激動/Just break the limit!」のカップリング曲)の続編。曲中歌が3曲入っている。曲中で信人のソロデビューや真太郎が犯罪者扱いされ、克哉の父親の名前が入ってきたりしている。曲中に起こる騒動は全て曲中の歌に繋がる様に演出されたものである。又、TAKUYA∞が中学生時代に作詞作曲した「ころしちまいな」の一部と、ファンクラブ内のTAKUYA∞のブログに投稿されたコメントに5thアルバムに収録されている「バーレル」を間違えて「バーベル」と書かれていたのを見たTAKUYA∞が作詞作曲した「バーベル」の一部が収録。その「バーベル」は、後に発売された「7th Trigger」に収録されている「バーベル~皇帝の新しい服ver.~」として、再収録されている。そして、信人の(曲中での)ソロ曲「サランへヨ」が収録されている。「サランヘヨ」の前振りで信人は韓国語で"ありがとう"を意味する「カムサハムニダ」を素で間違えている。「サランヘヨ」は彰の作った原曲だが、TAKUYA∞が完成させるまで彰本人は何も知らなかった。

通常盤(初回仕様限定盤)[編集]

  • UVERworld特製ワイドキャップステッカー

初回生産限定盤[編集]

DVD

from LAST Tour 2010 追加公演 at ZEPP TOKYO 07.07

  • 2010年の全国ライブツアー「UVERworld LAST Tour 2010」のZepp Tokyoでの追加公演で演奏された3曲のライブ映像を収録。
  1. GOLD
  2. バーレル
  3. 心とココロ

脚注[編集]

[ヘルプ]