NIGHT OF FIRE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NIGHT OF FIRE(ナイト・オブ・ファイヤー)とは、アーティスト名「NIKO」名義にてリリースされたユーロビートである。日本1997年10月22日エイベックスから発売された「SUPER EUROBEAT VOL.82」に初めて収録。当初はイタリアのDELTAレーベルからリリースされたが、現在はこの楽曲の制作者であるBratt Sinclaire自身が運営しているレーベルである、SinclaireStyleレーベルが本楽曲に関する権利を所有している。

概要[編集]

パラパラブーム最大の引き立て役、かつBratt Sinclaire最大のヒット曲である。SUPER EUROBEAT VOL.82発売直後は特別大きな反応は無かった[1]が、SMAP木村拓哉が、自身の番組で使用した[2]ことがきっかけで、知名度が急上昇し、第3次ユーロビートブーム及びパラパラブームを引き起こす引き金となり、ブレイクを果たす。

これ以降、SEBの末尾0番台(アニバーサリー盤)をはじめとしたノンストップ盤CDにおいて、必ずと言っていいほど使用される定番曲となる。

アニメ「頭文字D」では、First Stage第23話「雨のダウンヒルバトル」での、レッドサンズ中村賢太S14シルビア)vs藤原拓海ハチロク)のバトルBGMとして起用。頭文字D ARCADE STAGEではVer.2と7 AA Xにプレイ時のBGMとして収録されている。

2005年初頭には、本作を使用した長州小力のパラパラ(通称ド真ん中パラパラ)が話題となり、同年8月に発売されたSUPER EUROBEAT VOL.160の付属DVDにその映像が収録された。

本作品のヴォーカリストはMaurizio De Jorio 。

実際にCD等に収録されている楽曲の歌い手と、ステージでの歌い手は別人とされている。当初はDELTA専属(当時)のステージパフォーマー兼ヴォーカリストのEdoardo Alrenghiが起用されていたものの、契約締結の際にエイベックス側が完成度に不満を示した事から、ヴォーカリストを変更し録り直したのが理由[3]である。Maurizio De Jorioはステージパフォーマーとしての契約は交わしていないため、2000年に日本で開催されたイベント「avex summer paradise 2000」にはEdoardo AlrenghiがNIKOとして参加した。

12インチレコード版[編集]

1999年リリース、カタログナンバーはDELTA1049。収録内容は以下に記載。

  • A面:Extended Mix
  • B面1:Bonus Track
  • B面2:F.M.Version
  • B面3:Playback Version

日本語カバー版[編集]

派生版[編集]

  • NIGHT OF FIRE (FOR CHRISTMAS MIX)
  • NIGHT OF FIRE (HYPER MIX)
  • NIGHT OF FIRE (NEW GENERATION MIX)
  • NIGHT OF FIRE 2004

BGMとして起用されたゲーム[編集]

BGMとして起用されたTVCM[編集]

収録されたCD[編集]

2011年12月14日に発売された「SUPER EUROBEAT VOL.220」(Disc1)他、多数。

尚、初出の1997年10月22日発売の「SUPER EUROBEAT VOL.82」以降、CDではノンストップやEDIT版(曲が短く編集された状態。SEB VOL.82や、「頭文字D」のアルバム各種に収録されていたもの[5]が、これに該当する)ばかりが収録され、EXTENDED VERSION(曲にカットなどの編集・アレンジがなされておらず、本来の楽曲の全てを聴くことができる、レーベルが制作したオリジナルの状態)ではなかなか収録されなかったが、2007年1月31日に発売された「SUPER EUROBEAT Vol.174」(Disc2)にて、CDでは初めてとなる、EXTENDED VERSIONでの収録が実現した。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、リリース後初のリクエストカウントダウン(SUPER EUROBEAT VOL.90)では男性部門1位を獲得しており、第3次ブーム勃発以前からユーロビート愛好家の間では人気曲であった。
  2. ^ SMAPの木村拓哉は、番組「SMAP×SMAP」において「バッキー木村」(因みに名前は同番組でナレーターを担当している声優バッキー木場のパロディ)のコーナーにて、バックダンサーにパラパラダンサーを起用し、披露した。尚、同番組においては同曲は「バッキーのテーマ」として使用された。
  3. ^ SUPER EUROBEAT VOL.161解説書他。
  4. ^ ただし、本家「Dance Dance Revolution」シリーズには一度も収録されていない。
  5. ^ 「頭文字D」のアルバム各種に収録されたバージョンは、SEB VOL.82収録のものよりは長いものの、曲の最後の部分が早くフェードアウトし、EXTENDED VERSIONより短くなっている。

関連項目[編集]