NHK東日本大震災プロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NHK東日本大震災プロジェクト(エヌエイチケイひがしにほんだいしんさいプロジェクト)は、日本放送協会(NHK)が2011年度から展開している東日本大震災被災者および被災地への支援のためのキャンペーンプロジェクトである。

概要[編集]

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による津波や、東京電力福島第一原子力発電所事故(総じて東日本大震災)の甚大な被害からの東北地方の復興を目的としたNHKの長期大型プロジェクトで、2011年5月から様々な番組を通して実施されている[1]。また、このプロジェクトでは震災からの復興の他に、震災がもたらした被害や影響を検証し今後の防災に繋げていくことも目的としている[2]

キャンペーンのキャッチフレーズには「明日へ-支えあおう-」を採用。ロゴマークは当初3本の糸が絡み合うようなものが使用されていた。2012年2月から3月11日までは“東日本大震災1周年”として、円の中で双葉が開いたイラストが付け加えられたものに変更され、文言に「震災から1年」が追加された。

展開する主な番組[編集]

現在[編集]

総合テレビ
教育テレビ
BS
NHKワールドTV
ラジオ第1

上記以外にも、レギュラー番組内で特集が組まれることがある。

過去[編集]

後に仙台へ転勤となった畠山智之が担当した2011年度は前に“震災に負けない”という冠名が付いていた。これが外れた2012年度も引き続き関連番組としての位置づけがなされ、毎回震災関連ニュースが伝えられたほか、新コーナーとして毎月11日(休止時はその前後直近の日)に「2時46分 私の思い」が放送された。またこれに併せ、バックアップ体制の訓練として、大阪局からの原則月1回の放送が定期化された。2013年3月21日終了。
  • AKB48の"私たちの物語" 第50話「東北サイコー!」(2013年2月17日放送)
  • カレンの復興カレンダー(月曜 19:56 - 19:57ほか 「明日へ 1min.」のコーナーの一つ)
2012年8月スタート、2014年3月終了。自らも被災者であるAKB48岩田華怜が「明日へブログ」に寄せられた投稿を紹介する。基本的にスポット扱いのこの枠にあってEPGでは独立した番組として位置づけられている。
  • ミニ番組(いずれも2012年2月から3月11日にかけて放送)
    • 高校生が見た震災(NHK北海道ネットワークで行われているプロジェクト、北海道クローズアップも参照)
    • こどもたちが見た被災地(被災地出身の子供が撮影したビデオレター)
      • 未来への手紙 〜子どもたちが見た被災地〜(2012年11月4日放送、ビデオレターを撮影した子供たちの1年後を再取材したドキュメンタリー)[3]
      • 未来への手紙2014 〜あれから3年たちました〜 (2014年3月8日放送、ビデオレターを撮影した子供たちの3年後を再取材したドキュメンタリー)[4]
    • 全国から被災地へ(北海道南西沖地震新潟県中越地震阪神・淡路大震災の被災者が東日本大震災の被災地で行う支援活動を紹介)

東北支援キャンペーン[編集]

2011年10月からはBSプレミアムで季節ごとのキャンペーンを展開。期間中には、東北地方を特集した紀行番組旅番組などが集中的に放送される。

公開復興サポート 明日へ[編集]

また、「公開復興サポート 明日へ」と題して、総合テレビ、Eテレ、衛星放送(BS1BSプレミアム)、ラジオ第1放送で放送されている主要ワイド番組の公開収録(一部生放送有)を集中的に実施し、被災地住民と出演者が交流する企画を2013年から実施している。公開放送への参加は事前の申し込み(はがきかNHKネットクラブ会員限定のホームページにある申込フォームから申し込む。応募多数の場合抽選。ネットオークションへの出品目的での応募は抽選対象外)、ないしは当日先着順で配布する整理券が必要(配布方法は番組によって異なる)だが、会場周辺では整理券を持っていない一般参加者も利用できる物販店・観光ブースやアトラクションも開催される。

開催地[編集]

主な参加番組[編集]

※下記はレギュラー番組での公開放送を上げているが、この他に単発特番での参加もある。
総合テレビ
Eテレ
BS1
BSプレミアム
ラジオ第1
ラジオ第1・FM
国際放送(NHKワールド・ラジオ日本
  • 英語放送など複数の放送言語における被災地紹介の特集番組

関連出版物[編集]

楽曲[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]