NGC 5010

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NGC 5010
NGC 5010.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡による画像。視野角0.9′
credit:NASA/STScI/WikiSky.
星座 おとめ座[1]
視等級 (V) 14[2]
視直径 1′.3 × 0′.6[2]
分類 S0+ pec sp[2]
位置
元期:J2000.0[2]
赤経 (RA, α) 13h 12m 26.3s[2]
赤緯 (Dec, δ) -15° 47′ 52″[2]
赤方偏移 0.021581 [3]
2975 ± 27 km/s[2]
距離 1億4000万光年[1]
別名称
別名称
NGC 5010,[3] PGC 45868[2]
■Project ■Template

NGC 5010は、おとめ座の方角に約1億4000万光年の位置にあるレンズ状銀河である[1]超光度赤外線銀河であると考えられている[2]。いくつかの若い青い恒星が含まれているが、ほとんどは赤い古い恒星と塵である。渦巻銀河から楕円銀河への遷移の過程にあり、渦状腕は塵の腕に変わりつつある[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Hubble Spots a Colorful Lenticular Galaxy”. Science Daily (2012年11月9日). 2012年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Results for NGC 5010”. NASA/IPAC Extragalactic Database. 2012年11月11日閲覧。
  3. ^ a b NGC 5010 -- Galaxy in Group of Galaxies”. SIMBAD Astronomical Database. 2012年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 星図 13h 12m 26.3s, -15º 47' 52''