NBCサンデーナイトフットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NBC Sunday Night Football
フォーマット スポーツ
出演者 実況・解説:
アル・マイケルズ
クリス・コリンズワース
主題曲作者 ジョン・ウィリアムズ (メインテーマ)
デズモンド・チャイルド and ジョーン・ジェット (オープニングテーマ)[1]
オープニングテーマ "Sunday Night Football Theme"[1]
歌唱 キャリー・アンダーウッド2013年-)
United States
シーズン数 6
製作
製作場所 NFLスタジアム
NBCスタジオ8G(ニューヨーク)
放送時間 180分+
試合終了まで中継
製作会社 NFL
NBCスポーツ
放送
放送局 NBC
テレムンド
映像 480i (SDTV),
1080i (HDTV)
放送期間 2006年08月06日 (2006-08-06) – present
外部リンク
ウェブサイト

NBCサンデーナイトフットボール(NBC Sunday Night Football、SNF)はNBCテレムンド(2012シーズンより)が2006年からフットボール・シーズン(9月-12月)の日曜日に放送しているNFL中継番組。2011年-2012年シーズンには『アメリカン・アイドル』を抑えてニールセンの年間平均視聴者数ランキングでトップを獲得した[2]

番組開始までの経緯[編集]

2005年まで、日曜日のプライムタイムのNFL中継は、ディズニー傘下のESPNが、サンデーナイトフットボールとして放送していた。 2006年、同じディズニー傘下のABCが、1970年から35年間放送してきた月曜日のプライムタイムのNFL中継・マンデーナイトフットボールから撤退、放映権をESPNに譲ったため、ESPNが逆にサンデーナイトを手放すことになった。 そこで、1997年CBSとの放映権獲得競争に敗れて以来、NFL中継から遠ざかっていたNBCが、2011年までのサンデーナイト・開幕戦・ワイルドカードプレイオフ(2試合)、および2009年(第43回)と2012年(第46回)のスーパーボウルプロボウルの放映権を、36億ドル(推定)で獲得した。

2006年8月6日に第1回の放送が開始された。ちなみに第1回放送はGAORAでのシーズン最初の放送となった。また9月7日の開幕戦は通常番組を休止して、NFL開幕戦スペシャルとして、日本では日テレG+で放送された。

番組概要[編集]

キックオフは原則として東部時間(ET)20時15分(ただし、2008年シーズンの開幕戦のみ共和党全国大会の関係で19時キックオフとなった)。19時からは、プレゲームショー「フットボール・ナイト・イン・アメリカ」(w:Football Night in America)が放送され、試合前の様子や昼間に行われた試合ダイジェストを放送する。

なお、2009年まではMLBワールドシリーズの開催日と重なる場合には試合が組まれないため、番組も休止となっていた(2006年シーズンはWeek7、2008年シーズン以降はWeek8)が、2010年シーズンはサンフランシスコ・ジャイアンツテキサス・レンジャーズの第4戦(FOXで放送)が行われた10月31日(Week8)にピッツバーグ・スティーラーズニューオーリンズ・セインツ戦が組まれた。ちなみに、視聴率・全米視聴者数はFOXの9.7%・1,670万人に対してNBCは7.9%・1,320万人であった[3]

2012年より、NFLネットワークによるサーズデーナイトフットボールの拡充(8試合→13試合)により、従来NFLネットワークで放送されてきたサンクスギビングデーの中継がNBCに移行した。

番組のテーマソングは「Waiting All Day for Sunday Night」(ジョーン・ジェット「I Hate Myself For Loving You」の替え歌)。2006年はP!nk、2007年から2012年まではフェイス・ヒルが歌っていた。2013年以降はキャリー・アンダーウッドが歌う[4]

実況・解説[編集]

本編では2008年シーズンまで解説にジョン・マッデン、実況にアル・マイケルズという最強コンビ[5]が組んでいた。この二人は2005年シーズンまではABCでコンビを組んでいたが、ABCのマンデーナイトからの撤退とともにNBCに移籍している。なお、マイケルズのNBC移籍に伴い、NBCユニバーサルはNBCが放映権を保有するオリンピックのハイライト番組放映権をESPNに、ウォルト・ディズニーが制作し、ユニバーサル・ピクチャーズが権利を保有していた「オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット」をディズニーに譲渡している。

なお、ワイルドカード・プレイオフのうち1試合はこのコンビが、もう1試合はクリス・コリンズワース(「フットボール・ナイト・イン・アメリカ」のスタジオ解説やNFLネットワーク「Thursday Night Football」の解説を務めていた)とトム・ハモンドのコンビが担当していた。 コリンズワースは2008年10月19日(Week7)のシアトル・シーホークスタンパベイ・バッカニアーズ戦で出演をキャンセルしたマッデンの代役を務めている。2009年のプロボウルも、飛行機恐怖症のためスーパーボウルの翌週にハワイで行われるプロボウルに出演することが不可能なマッデンに代わり、コリンズワースが担当した。

2009年シーズンは、マッデンの引退に伴い、コリンズワースとマイケルズがコンビを組んでいる。同シーズンのワイルドカード・プレイオフのうち1試合は、ハモンドとジョー・ギブスジョー・タリスマンが担当した。

フレキシブル・スケジューリング[編集]

シーズン終盤の7試合については、NBCが放送カードを指定できる「フレキシブル・スケジューリング」が採用される。原則として、Week11から17(最終週)で適用されるが、2006年シーズンはWeek16がクリスマス・イヴと重なり放送自体がなかったのでWeek10から15、およびWeek17で適用された。

これは、マンデーナイトフットボールでは開幕前に放送カードが決定されていたため、シーズン後半では成績下位に低迷したチーム同士の対戦となるケースが生じ、視聴率低下の要因となっていたため、ABCがかねてより要望していたものであるが、試合開催日の変更を伴うため実施されなかった。

なお、指定できるカードは日曜午後に行われるカードに限られ(サンクスギビングデーやマンデーナイトなどの試合は対象外)、引き抜かれる側であるFOX・CBSは週1試合、最大5試合をプロテクトできる。放送カードはWeek17は6日前、それ以外は12日前に決定する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “Repertoire Search”. BMI. http://repertoire.bmi.com/title.asp?blnWriter=True&blnPublisher=True&blnArtist=True&keyID=10607071&ShowNbr=0&ShowSeqNbr=0&querytype=WorkID 2009年8月24日閲覧。 
  2. ^ Andreeva, Nellie (2012年5月24日). “Full 2011-2012 TV Season Series Rankings”. Deadline Hollywood. 2012年5月25日閲覧。
  3. ^ TV Ratings: Baseball and football score for FOX, NBC Sunday Zap2it 2010年11月1日
  4. ^ “Underwood to sing 'Sunday Night Football' theme”. Associated Press. http://pro32.ap.org/article/underwood-sing-sunday-night-football-theme 2013年5月7日閲覧。 
  5. ^ 2009年1月のUSAトゥデイ調査[1]によると、「好きな実況・解説コンビ」では39%でFOXトロイ・エイクマン-ジョー・バック(27%)を抑え1位。「好きな解説者」ではマッデンがエイクマンと同率(23%)で首位、2009年以降SNFを担当しているクリス・コリンズワースを22%が支持。「好きな実況アナウンサー」では、マイケルズが42%で1位。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]