N-メチルピロリドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

N-メチルピロリドン
構造式 N-メチル-2-ピロリドン
IUPAC名 1-メチル-2-ピロリドン
別名 NMP
分子式 C5H9NO
分子量 99.13
CAS登録番号 [872-50-4]
形状 無色または淡黄色液体
密度 1.028 g/cm3,
相対蒸気密度 3.4(空気 = 1)
融点 −24 °C
沸点 202 °C
SMILES CN1CCCC1=O
出典 ICSC

N-メチル-2-ピロリドン (N-methylpyrrolidone、NMP) はラクタム構造を含む 5員環の構造を持つ有機化合物で、極性溶媒のひとつである。別名は N-メチルピロリドンN-メチルピロリジン-2-オン1-メチル-2-ピロリドンN-メチル-2-ピロリジノン (N-methylpyrrolidinone)、M-Pyrol などである。

特徴[編集]

無色またはわずかに黄色がかった液体であり、水や酢酸エチルクロロホルムベンゼン、低級アルコールや低級ケトンといったさまざまな溶媒と混ざり合うことができる。ジメチルホルムアミド (DMF) やジメチルアセトアミド (DMA)、ジメチルスルホキシド (DMSO)、アセトニトリル 等と同じく非プロトン性極性溶媒に属する。

製法[編集]

N-メチル-2-ピロリドンは、γ-ブチロラクトンメチルアミンとを縮合させて得る

用途[編集]

高い溶解性を持つため、特に高分子化学の分野を中心に様々な物質に対する溶媒として用いられる。また各種繊維やレジン樹脂、金属皮膜プラスチックの表面処理時の溶媒や、ペンキはがし剤としても用いられる。

N-メチル-2-ピロリドンとその誘導体は農薬や医薬品、繊維助剤、可塑剤、安定化剤、特殊インクなどの中間体として用いられることもある。またナイロンの前駆体でもある。ゴムの分野ではスチレン・ブタジエンゴム (SBR) ラテックス製品に用いられ、エレクトロニクス産業においてはプリント基板の製作に用いられる。

関連項目[編集]