N,N-ジイソプロピルエチルアミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

N,N-ジイソプロピルエチルアミン
構造式 N,N-ジイソプロピルエチルアミン
IUPAC名 N-Ethyl-N-(1-methylethyl)propan-2-amine
分子式 C8H19N
分子量 129.24
CAS登録番号 [7087-68-5]
形状 無色透明の液体
密度 0.742 g/cm3, 液体
融点 −50 °C
沸点 127 °C
出典 Chem Exper

N,N-ジイソプロピルエチルアミンN,N-diisopropylethylamine, 略称 DIPEA または DIEA)はアミン化合物の一種。常温では無色で強いアミン臭を持つ液体。ほとんどの有機溶媒と任意の割合で混合するが、には不溶である。ヒューニッヒ塩基 (Hünig's base) とも呼ばれる。

性質[編集]

塩基性。似た構造のトリエチルアミンに比べてかさ高い置換基を持つため N-アルキル化を受けにくく、求核性が低いという特徴を持つ。

用途[編集]

求核性が低い点を生かし、アルキル化反応などに共存させる塩基として多用される。

安全性[編集]

引火点 10 ℃の可燃性液体である。皮膚に接触すると炎症を発生することがある。ラットでの経口毒性は 200–500 mg/kg 程度。

関連項目[編集]