N線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

N線(エヌ線、英語: N ray)は、1903年フランスの科学者ルネ・ブロンロにより報告された現象であるが、後に、それは錯誤によるものであることが明らかになった。病的科学の一例として示されることが多い。

N線の"発見"[編集]

1903年ナンシー大学英語版に籍を置く優秀な物理学者であったブロンロは、スパーク・ギャップ中で電気火花の明るさが変化したことに気がついた。彼はこれを新しい放射線によるものだと考え、この放射線をナンシー大学にあやかり「N線」と名付けた。ブロンロが報告したこの現象は、オーギュスタン・シャルパンティエ英語版アルセーヌ・ダルソンヴァル英語版などの追試でも確認され、X線源ばかりか人の神経組織、更には化学物質や磁場を含めた多くの物質からも放出されることが"発見"された。加えて、物理学者のギュスターヴ・ル・ボンP・オドレー、さらには骨相学者のカール・フータードイツ語版に至るまでわれこそがN線の発見者であると申し立てたため、フランス科学アカデミーが優先権を裁定する事態となった。

ブロンロは1904年に科学アカデミーからル・コント賞英語版を受賞する栄誉に与り、N線は"発見"された1903年から1906年に至るまでの3年間に100人以上の科学者が300編もの論文で取り上げるほどまでになった。

追試の失敗とウッドによる暴露[編集]

フランス国内で大きな関心を呼んだN線は国際的にも注目されることとなり、多くの物理学者がこの効果の追試(再現実験)を行った。ところがフランス国内では多くの追試に成功していたものの、国外では全く成功せず、著名な物理学者のケルビンクルックスオットー・ルンマー英語版ハインリヒ・ルーベンス英語版でさえもN線の実在を証明できなかった。

追試に失敗した物理学者の一人であるアメリカロバート・ウッドは、詳細な調査のために自らフランスに赴いた。ナンシー大学のブロンロの実験室へ通されると、ブロンロが実験する際には常に実験室を暗くしていることにウッドは気がついた。ウッドは実験者の目を盗んで、波長を分けるためのプリズムを実験装置から取り外してみた。装置からプリズムを外した状態ではN線を観測できないはずだが、それでも実験者たちはN線が観測されたと答えた。

ウッドはこうした視察結果をまとめて1904年9月29日版の『ネイチャー』誌に発表した。ブロンロを始めとした実験者が実験結果を意図的に歪曲・捏造したとまでは言えないまでも、期待通りのデータを求めていた実験者が結果を都合良く解釈して現象を"発見"してしまったのだとウッドは結論付けた。

背景[編集]

この出来事は科学者の間で、観察者バイアスによって間違いを犯す危険性についての教訓として用いられている。いかに訓練を積んでいようとも、観察者や実験者は(自らの期待に沿う)データのみを見てしまう傾向があり、加えて電気火花の明るさなどの様に主観的な要素が加わり易いものは、(たとえ数値的に計測できたとしても)観察者や実験者の主観を完全に排除し切れないという問題を秘めているということである。

その一方で1900年初頭のフランスを席巻していた愛国心、特にドイツへの対抗心がN線の"発見"を生んだ側面も否定できない。普仏戦争に敗れた上に、N線の"発見"に先立つ1895年にドイツの物理学者レントゲンX線を発見したことが(ウッドによるレポートの発表の後でも)フランス国内でのN線の支持につながったという指摘もある[1]。科学アカデミーがル・コント賞を(前年にノーベル物理学賞を受賞したピエール・キュリーを差し置いて)ブロンロに授賞した際にも、賞の選考にあたったアンリ・ポワンカレの強い後押しがあったとも言われている。

病的科学を定義したアーヴィング・ラングミュアは、その具体例としてこのN線の例を挙げている。

N線の発見に対するブロンロの信念に敬意を表し、ナンシー市には、彼の名前にちなんだ通り (Rue des Blondlot) や公園 (Parc Blondlot) が今も存在する。

脚注[編集]

  1. ^ ウェード『背信の科学者たち』