Multi-Chip Module

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セラミックのMCMに搭載された4つのPOWER5プロセッサと4つの36MB L3キャッシュ

Multi-Chip Module (MCM)は、複数の集積回路(IC)のダイやモジュールなどを搭載して、1つのICのように取り扱いを容易にする、専用のエレクトリックパッケージである。MCMはその統合された性質から、設計においてMCM自身が「チップ」と呼ばれる場合もある。

概要[編集]

MCMは、その設計の複雑さや開発の哲学によって、多様な形式がある。

MCM技術の例[編集]

参照[編集]

  1. ^ Intel's upcoming chips revealed in pix

関連項目[編集]

外部リンク[編集]