mozo ワンダーシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
mozo ワンダーシティ
mozo wonder city
G入口正面から(2009年4月3日)
G入口正面から(2009年4月3日)
店舗概要
正式名称 上小田井ショッピングセンター[1]
所在地 452-0817
愛知県名古屋市西区二方町40番 (本棟/スポーツ棟)
愛知県名古屋市西区二方町47番 (シネマ棟)
北緯35度13分30.8秒 東経136度53分3秒 / 北緯35.225222度 東経136.88417度 / 35.225222; 136.88417座標: 北緯35度13分30.8秒 東経136度53分3秒 / 北緯35.225222度 東経136.88417度 / 35.225222; 136.88417
開業日 2009年4月21日
(ソフトオープン:4月13日)[2]
施設所有者 日本リテールファンド投資法人[3]
三菱商事株式会社[4]
(本棟・スポーツ棟・立体駐車場棟)
三菱UFJリース株式会社 (シネマ棟)
施設管理者 イオンモール株式会社[5]
敷地面積 122,861m2
商業施設面積 73,446m2
延床面積 265,869m2
中核店舗 イオンワンダーシティ店
店舗数 ÆONVIVREエディオンと230の専門店
営業時間 ÆON/9:00 - 23:00
モール専門店/10:00 - 22:00
エディオン/10:00 - 21:00
イオンシネマ/10:00 - 23:00頃
 ※最終上映終了まで
スポーツクラブ/9:00 - 24:00
 ※土日祝は20:00まで
ヤマハ音楽・英語教室/9:00 - 21:45頃
 ※日祝は休業
レジーア/10:00~23:00
駐車台数 5,140台
前身 イオンモール名古屋ワンダーシティ
外部リンク 公式サイト
ÆON MALL
テンプレートを表示

mozo ワンダーシティモゾ ワンダーシティ、英:mozo wonder city)は、愛知県名古屋市西区二方町に所在するイオンモール運営のモール型ショッピングセンター。略称は「mozo(モゾ)」、「ワンダーシティ」、「ワンダー」など。

以下、当記事中では「mozo」と表記する。

概要[編集]

1994年に開業したワンダーシティ(後のイオンモール名古屋ワンダーシティ、以下「イオン名古屋WC」と表記)のリニューアル店舗として開業[6]。イオン名古屋WCと同じく、三菱商事をはじめとする三菱グループとイオンモール(イオングループ)の共同で開発が行われた。10万平方メートルを超す敷地に、イオンと約230の専門店からなる本棟店舗棟)、イオンシネマなどからなるシネマ棟グンゼスポーツクラブなどからなるスポーツ棟で構成され、名古屋市内・西日本地区のSCとして最大級の、国内SCでは埼玉県越谷市イオンレイクタウン千葉県船橋市ららぽーとTOKYO-BAYイオンモール幕張新都心に次ぐ規模を誇る。2013年2月現在の総賃貸面積は101,000m2であり、2013年末時点でイオンモールの中ではレイクタウン、幕張新都心に次ぐ3番目と、最大クラスのグループに入る[7]

愛称・呼称と変遷[編集]

リニューアルオープンに伴って、それまでのイオン名古屋WCから現呼称に変更された[8]。正式呼称を変更したのは、この店舗が三菱商事からプロパティマネジメント方式で受託(店舗の運営・管理のみ行う[9])されているものであり[10]、かつ「都市近郊型」「郊外型」を標榜する他店舗と異なり、「都市型高付加価値店舗」を標榜しているためとしている。

その関係上、イオンモールのセール企画はイオンモールの他SCとほぼ同様の仕様で実施されているが、セール名称・テレビコマーシャルなどの広報活動はmozo単独で行っている。一方で、地元住民には創業時の営業店舗名でもある「ワンダーシティ」が定着しており、管理事務所自身もあえて「イオンモール」や「mozo」は付け加えないことが多い(イオン・ビブレ・フタバ図書・スポーツオーソリティ等は支店名に「mozo」を採用せず、「ワンダーシティ」のみを採用した)。なお、一部のテナントの店舗名にはさらにその略称である「ワンダー」が使用されている(イオンシネマ・ワンダーなど)[11]

コンセプト[編集]

  • 形態
    都市部マルチコンプレックス型ショッピングセンター
    • 都市型SCを標榜し、店舗傾向として「ファッション」「カルチャー」に重点を置いた配置となった。
  • キャッチフレーズ
    「世の中なんだかモゾモゾしてきた…。キニナルライフのはじまりです!! "自分色"がきっとみつかる 彩のライフスタイルを!」
  • ネーミング
    • ワンダーシティの「ワンダー」とは、"ワンダーランド"(不思議なおとぎの国)と"ワンダフル"(素晴らしい)を併せた意味合いを持つ。
    • 「mozo」には「モールゾーン」という意味、「モゾモゾ」という「“何か” が動き始める際の音」「生命の胎動」などをイメージしている。
      • 生命体と環境配慮をイメージすべく、店内外を緑色・木目などの「アースカラー」で演出。ロゴマークには生命の萌芽と胎動を示す芽(苗木)がデザインされた。
  • 設計のコンセプト
    店舗内外のデザインテーマは「フィールネイチャー&ハイスタイル」。先述の通り、生命体と環境配慮をイメージさせるような素材と配色で、「上質で洗練された空間の中に自然の温もりを感じる快適な空間を創出する(東畑建築事務所)」設計としている。
    • 外壁
      グリーンやベージュ・ブラウン系の塗装(アースカラー)で配色し、核店舗であるイオン(総合スーパー)部分はピンクなどの暖色系を中心に配色した。壁面素材は、メタルルーバーやパネルをストライプやグラデーション状に配置しており、旧ダイヤモンドシティおよびイオンモール系のデザインとは異なるテーマを取り入れた。
    • 内部構造
      4層吹抜けのメインモールは、長さ約220mの大きな弧を描いており、上階につれて広がりを見せる遠近感を活用した空間となっている。
    • 福祉環境
      イオン名古屋WCの旧本館と同じく、イオンハートビル設計基準で設計。バリアフリー新法(旧ハートビル法)の特別特定建築物認定も受けており、屋根付き障害者用駐車場の採用、トイレや通路などにバリアフリー環境や共用品を採用するなど、多世代、障害者に配慮した設備を採用するほか、障害者補助犬同伴可能店舗となっている。また、子供向けの遊技場、子供専用トイレなども設置する。
    • 環境配慮設備
      • 看板に壁面緑化を採用。
      • ダイヤモンドパワーからの電源供給とともに、高効率冷凍機(インバーターターボ冷凍機)氷蓄熱式冷暖房を採用。
      • 照明にLED照明や太陽光集光ハイサイドライトを使用。
      • 旧店舗の樹木・植栽を再移植し、大きく育った樹木はできるだけ伐採せずに生育を継続。
      • 旧店舗の廃材を資源として再利用。
      これらの環境保全・省エネの取り組みで、年間約1975tのCO2を削減する。

周辺環境[編集]

名古屋環状2号線名古屋第二環状自動車道および国道302号)に隣接しているほか、名古屋鉄道犬山線/名古屋市営地下鉄鶴舞線上小田井駅から徒歩5分、東海交通事業城北線小田井駅より徒歩7分の場所にある。

周辺にはマンションや住宅地が多く、人口規模は半径5km圏で約45万人(2004年上半期時点)と首都圏郊外部に匹敵する人口密度を持っている。また、元来は工業地域であるため、山崎製パンの名古屋工場などとも隣接・近接している。

施設の位置づけと管理会社[編集]

前述の通り、開店当初より三菱グループとイオングループが共同で店舗開発を行い、施設の所有は、本棟とスポーツ棟は三菱商事と日本リテールファンド投資法人が[12]、シネマ棟は三菱UFJリースが行っている[13]。電気機器関係は可能な限り、三菱グループのもの(例:三菱電機エレベーターなど)が採用されている。

開店までの経緯[編集]

2004年下期より、運営主体であるイオングループと資産所有者である三菱グループ(三菱商事・三菱UFJリース)との共同で全面リニューアル事業を開始し、旧本館・ワンダースクエアなどシネマ棟以外の別棟が2007年8月20日をもって閉鎖する。この間、ジャスコ(当時)の食品売り場はシネマ棟に一時移転した上で、仮店舗として存続された。また、旧本館などの閉鎖と同時にスポーツ棟を新設し、スポーツクラブと音楽・英語教室を移転・存続させた。

旧本館の閉鎖後にスクラップアンドビルドとして新本棟を建築。別棟として既設されている建物のうち、シネマ棟については新本棟(店舗棟)2階とペデストリアンデッキで直接結ばれ、ジャスコ以外の店舗が継続営業している。スポーツ棟は新ショッピングセンター店舗の先行開業という位置づけのため既存店舗が継続営業している。

歴史[編集]

2007年

  • 8月20日 - 旧本館1階セントラルコートにて閉店セレモニーを開催。営業終了後、シネマ棟とレストラン棟を除く全棟が閉鎖。リニューアル工事が本格的に開始。
  • 8月26日 - 別棟としてスポーツ棟(現行)を新規開設。グンゼスポーツクラブコムズを閉鎖した旧本館から移転し再開。
  • 8月30日 - シネマ棟1階にジャスコの食料品売り場が移転。マックスバリュと同一仕様のジャスコワンダーシティ食品館(仮店舗)として開業。
  • 8月31日 - 施設を保有する日本リテールファンド投資法人が、リニューアル工事の実施に伴って「ワンダーシティ21」として所有する建物・土地(スポーツ棟を含む)を、原資産管理者である三菱商事へ再売却[14]
  • 9月1日 - ヤマハユニスタイル・ワンダーシティセンターが、閉鎖されたワンダースクエア(アイテックスビル)からスポーツ棟(現行)へ移転開業。
  • 9月22日 - 運営企業のダイヤモンドシティがイオンモールと合併したことに伴い、名称をダイヤモンドシティ・ワンダーシティからイオンモール名古屋ワンダーシティに変更。
  • 10月中頃 - 旧本館前からワンダースクエア前の平面駐車場、および旧住宅展示場敷地(臨時駐車場)の解体を開始。
  • 10月9日〜11月2日 - シネマ棟「イオンシネマワンダー」の内部を改装。シートピッチを拡張し、総座席数は約2,100席から約1,850席となる。
  • 11月20日 - 本棟(現行)および立体駐車場(現行)の新築工事に着手。

2009年

  • 1月19日 - 新SCの看板表記をmozo wondercityとすることを発表[15]
  • 2月28日 - ワンダーシティ21とワンダーシネマ10が統合し、届出店舗名が上小田井ショッピングセンターに変更。本棟(現行)がほぼ完成し、イオンモール側への受け渡しが完了する。 
  • 3月5日 - グランドオープン日を4月21日とすることを発表[16]
  • 3月21日 - 本棟、立体駐車場、本棟の周辺駐車場がほぼ完成。
  • 3月22日 - 地元住民の参加で「イオン ふるさとの森づくり植樹祭」を開催し、約2万本を植樹。
  • 4月9日 - シネマ棟1階のジャスコワンダーシティ食品館(仮店舗)が営業を終了(空いた食品館スペースは、本棟に開店したジャスコ新店舗の商品倉庫として一時的に利用)。
  • 4月10日 - シネマ棟立体駐車場の出口と入り口を交換し、一部改装。
  • 4月13日 - ソフトオープン。同日に公式サイトがオープン。
  • 4月21日 - グランドオープン。名古屋開府400年祭のキャラクターなどが参加し、開設記念式典を開催。
  • 4月22日 - イオンモールの公式サイトから、イオン名古屋WCのサイトへのリンクが外れる。
  • 6月12日 - ジャスコ食料品売り場のセルフレジを使用開始。
  • 7月10日 - シネマ棟1階のエイデンが旧ライトオン(→後のジャスコワンダーシティ食品館の一部)の部分まで増床オープンし、「エイデン小田井モゾワンダーシティ店」に店名変更。
  • 12月18日 - シネマ棟1階に飲食店街「シネマレストラン」が開業。エイデン含めシネマ棟の全店舗がmozoカードのポイント加算対象店舗となる(イオンシネマは、鑑賞料金割引対象店)。
  • 12月30日 - 本棟1階西側の展示スペースを改装し、マクドナルドが開業。

2010年

  • 6月24日 - シネマ棟1階のシネマレストランに「西安刀削麺 劉家」が開業し、シネマ棟の整備が完了する。

2011年

  • 3月1日 - イオン株式会社のブランド再編に伴い、「ジャスコワンダーシティ店」から「イオンワンダーシティ店」と店舗名称が変更される。
  • 10月3日 - 三菱商事が、本棟、立体駐車場棟、スポーツ棟(シネマ棟以外の建物)およびその敷地の所有権(本ショッピングセンターを信託財産とする不動産信託受益権の準共有持分)の10%を系列の不動産投資信託子会社、日本リテールファンド投資法人(JRF)へ信託譲渡。[17]

2012年

  • 9月15日 - 株式会社エディオンの店舗ブランド統合に伴い、「エイデン小田井モゾワンダーシティ店」から「エディオン小田井モゾワンダーシティ店」に変更される。
  • 10月2日 - 三菱商事が本ショッピングセンター(シネマ棟)を除く部分の50%を日本リテールファンド投資法人(JRF)に譲渡(したがって、JRFは合計60%を所有)。

店舗構成[編集]

本棟(店舗棟)[編集]

イオンワンダーシティ店[編集]

イオンワンダーシティ店側から(2009年4月3日)

本棟の核店舗として営業。食料品売り場については当初からセルフレジ導入を前提に設計されているが、オープン直後から2009年6月10日まで、セルフレジの回線は臨時レジとして使用されていた。

  • 1階 食・美・健康のフロア
    • レニエ - 洋菓子
    • サロン・ド・ボヌール - 洋菓子
    • ビアード・パパ - 洋菓子
    • 柿安口福堂 - 和菓子
    • 藤田屋 - 和菓子
    • 風来坊 - 鶏惣菜
    • タンタン - 中華惣菜
    • 焼魚屋さん - 焼魚
    • パン工場 - ベーカリー
  • 2階 レディス、メンズのファッションフロア(イオンスタイルストア)
    • グリーンボックス - 靴
    • ブランド別専門店 - ファッション
    • イオンラウンジ - 会員制特別休憩室
  • 3階 キッズ共和国プラスとホームファッション・デジタルのフロア
    • モーリーファンタジー - アミューズメント

専門店街[編集]

F入口側(2009年4月3日)
E入口側(2009年4月3日)
手前は5F・RF立体駐車場スロープ

サブ核店舗と専門店、レストラン、サービス店舗で構成。各フロアごとにコンセプトが分けられ、「クオリティファッション&グルメ(エレガント)」(1階)「トレンドファッション&スタイルアップグッズ(アーバン)」(2階)「キッズ&ファミリーライフ(カジュアル)」(3階)「スポーツ・カルチャー&エンターテイメント(ナチュラル&モダン)」(4階)の4つからなる。

一部を除き「mozoメンバースカード」による「抽選ポイント付与」「イオンお客様感謝デー」などの特典、「イオンクレジットカード」による「イオンお客様感謝デーの割引特典」が受けられる。なお、イオン寄りのフリースペースを「イーストコート」、FLAXUS寄りのフリースペースを「ウエストコート」と呼んでいる。コンサートや季節特売など催事に活用されている。

サブ核店舗

  • 1階
    • FLAXUS - ファッションライフスタイルストア
  • 2階
  • 3階
    • Hello 赤ちゃん - ベビー・マタニティ用品
    • イオンペットペットシティ/ペットスクエア(イオンモールmozoワンダーシティ店)
      • ビューティプラス - ペットサロン・ペットホテル(イオンペットが運営)
      • ペットプラス・キャットプラス - ペットショップ(株式会社AHBが運営)
      • ペットパラダイス‐ペットアパレル(クリエイティブヨーコが運営)
      • リミックス‐ 魚類・小動物ショップ(名東水園が運営)
  • 4階

1階専門店

  • ファッション
    • Bou Jeloud - レディス
    • RAGEBLUE/Heather - レディス
    • coen - レディス・メンズ・ファッション雑貨
    • GOUT COMMUN - レディス
    • ZARA - レディス・メンズ
    • パラスパレス - ユニセックスカジュアル
    • BOLO - レディス
    • SHOP AT - レディス
    • メゾンドゥ - レディス
    • JEWEL PINK - レディス
    • ZiZè - レディス
    • Alphabet's alphabet - レディス
    • quatre feuilles - レディス・雑貨
    • ラコステ - レディス・メンズ
    • & by Pinky & Dianne - レディス
    • レプシィム ローリーズファーム - レディスカジュアル
    • AZUL by moussy - レディスカジュアル
    • natural couture NICE CLAUP - レディス
    • earth music&ecology Super premium store - レディス
    • MASON Apartment - メンズ・レディス・服飾雑貨
    • rövtski - レディス・メンズ
  • 服飾雑貨
    • TORIIDO - コスメ
    • Hat Homes - 帽子専門店
    • VICEVERSA - インテリア・生活雑貨・輸入菓子
    • arne style - インテリア・雑貨
    • CHELSEA New York - インテリア・雑貨
    • LUSH - 自然派化粧品
    • Petit prix - 宝飾
    • FUNNY SHOW - シューズ
    • THE KISS & Rose Marry - アクセサリー
    • THE BODY SHOP - 自然派化粧品
    • TGM - 生活雑貨
    • ALPHA CREATION - 紳士雑貨
  • フーズ
    • MENUETT - スイーツ
    • BAUM CAKE - スイーツ
    • コールド・ストーン・クリーマリー - アイスクリーム
    • OMUTSUBI - キッズスペース付きカフェ
    • KITANO ACE - 食品全般
    • にぎりたて - おにぎり専門店
    • 澤屋 - テイクアウト

1階レストラン

  • 上海柿安 - 中華ビュッフェレストラン
  • 若鯱家 - うどん・そば・丼
  • BUFFET FOUR ROOMS - ビュッフェレストラン
  • 炭火焼ハンバーグ カキヤス - ハンバークレストラン
  • 鯛めし ちどり - 和食レストラン
  • しゃぶしゃぶ謝々まる - 鍋食べ放題専門店
  • キッチン松栄堂 - 洋食
  • 鶴橋風月 - お好み焼
  • とんかつ新宿さぼてん - とんかつ専門店
  • 龍虎餐房 - 中華
  • 神戸 PASTA de PASTA - パスタ
  • ラーメン
  • 串家物語 - 串揚げビュッフェ
  • ピッツェリア マリノ - イタリアンレストラン
  • KOTOKOTO CAFE - 洋食&カフェ
  • 海転寿司 魚河岸 - 回転寿司
  • マクドナルド - ファーストフード

2階専門店

  • ファッション
    • B-Three - ストレッチパンツ専門店
    • Anna Kerry - レディス
    • axes femme - レディス
    • enracine - レディス
    • PINK-latte - ティーンズカジュアル
    • ワンウェイ/バイバイ - レディス
    • Jolie by leap lippin - レディスヤングカジュアル
    • HEART MARKET - レディス
    • KLEIN PLUS+ - レディス
    • ARROW - レディス
    • cactus..cepo. - レディスカジュアル
    • LEGMO - レッグウェア
    • ARROW - レディスカジュアル
    • Style Lab - レディス
    • C.D.S. - レディス
    • V-EX by vence - レディス
    • INGNI - レディス
    • SpRay PREMIUM - レディス
    • Janiss - レディス
    • Magender - レディス
    • INTERPLANET WINGS - レディス
    • ZAZIE - レディス
    • M.deux - レディス
    • ANAP - レディス
  • 服飾雑貨
    • ORIBE - 陶器・インテリア雑貨
    • SleepING Factory - 寝具・インテリア用品・パジャマ
    • cylis.Diamond - キッズ・雑貨・インテリア
    • 無印良品 - 衣料雑貨・生活雑貨・食品
    • graniph - Tシャツ専門店
    • ヴィレッジヴァンガード - 書籍・雑貨
    • ミニプラ - 輸入雑貨
    • aimerfeel - レディスインナー
    • SERIELUCE - ジュエリー
    • ビーハイブ - レディスシューズ
    • CINDERELLA-CHANCE - アクセサリー
    • cullet - アクセサリー
    • GAJA - バッグ・雑貨
    • ジュエリーツツミ - 宝飾
    • STONE MARKET - アクセサリー
    • fran - ランジェリー
    • ma faveur - ライフスタイル雑貨
    • HANAGOROMO - 呉服・和装小物
    • VILLAGE/VANGUARD - 書籍・雑貨
  • フーズ
    • 無印良品 - 衣料雑貨・生活雑貨・食品

2階専門店内カフェ

3階専門店

  • ファッション
    • drug store's SHOP - ファミリーカジュアル
    • ライトオン - ジーンズ&カジュアル
    • 3can4on/pink adobe - ファミリー・レディス
    • GLOBAL WORK - レディス・メンズ
    • Kids Wings - キッズ
    • INGNI First - キッズウェア
    • 暮らす服 - レディス・メンズ・キッズ
    • STARVATIONS - ファミリーカジュアル
    • any FAM by KUMIKYOKU FAM / any SIS by KUMIKYOKU SIS - レディス・キッズ
  • 服飾雑貨
    • Plus Heart - 生活雑貨
    • 靴下屋 - 靴下専門店
    • URBAN SELECTION by style eyes - アイウェア
    • SWIMMER - 雑貨
    • キデイランド - キャラクター雑貨
    • BERRY KISS - キッズウェア・雑貨
    • Rainbow Park & Mac style - キャラクター雑貨
    • Prism - バラエティ雑貨
    • サンリオentertainment - キャラクター雑貨
    • Cram Cream - 生活雑貨・アクセサリー
    • イルーシー300 - 雑貨
    • OHIO KIDS - キッズウェア・雑貨
    • Pep-pits - べビ−・キッズ・雑貨
    • Passport - インテリア雑貨
    • クレアーズ - アクセサリー・雑貨
    • どんぐりガーデン - キャラクター雑貨
    • BREEZE - キッズ・ベビー・雑貨
    • manatee - クロックスシューズ
    • mother garden - なごみ雑貨
    • AMO'S STYLE - インナー・ランジェリー
    • a.v.v - レディス・キッズ・雑貨
    • BARNS soho street - シューズ
    • Lunar World - インテリア・生活雑貨
  • フーズ
    • 吉田商店 - 駄菓子・玩具・トレカ

3階専門店内カフェ

  • マザーリーフ - カフェ
  • nana's green tea - 和カフェ

3階フードコート「MOGU」

  • ドラゴンクレープ カフェ - クレープ
  • 越後秘蔵麺 無尽蔵 - ラーメン
  • 韓菜 韓国料理
  • スガキヤ - ラーメン&ソフトクリーム
  • モスバーガーファクトリー - ハンバーガーショップ
  • チャオニーノ - あんかけスパゲティ
  • 丸亀製麺 - 讃岐うどん
  • 炭焼ビーフハンバーグステーキくに - ハンバーグ・ステーキ専門店
  • たこ八 - たこ焼・お好み焼
  • サーティワンアイスクリーム - デザート
  • MOG MOG Doughnut Factory - ドーナツ

4階専門店

  • ファッション
    • Z-CRAFT (ズィークラフト) - レディス・メンズ・キッズカジュアル (シューズ・ウェア・バッグetc.)
    • ムラサキスポーツ another style - メンズ・レディス・キッズファッション
    • L.L.ビーン - メンズ・レディス・キッズ&アウトドアグッズ
    • G-LAND EXTREME - アメリカンカジュアル
    • KARL KANI - メンズ
    • BILLABONG STORE - サーフカジュアル
    • ユニクロ - カジュアルウェア
    • HIDEAWAYS NICOLE - メンズ
    • atrium102 - ユニセックス
    • THE@SUPER SUITS STORE - スーツ
    • MALE & Co. - メンズ
    • Hush Puppies - レディス・メンズ
    • Garbo - メンズカジュアル
    • PEACE NOW - レディス
    • METHOD - ユニセックスカジュアル
    • ビーチサウンド - レディス・メンズ
    • Ikka - ユニセックスカジュアル
  • 服飾雑貨
    • GIGASTA - バッグ・財布
    • madras GREEN LABEL - ウォーキング&カジュアルシューズ
    • Museum 24 - 時計
    • コーハウス - 家具・雑貨
    • 歩人館 - シューズ
    • チャイハネ - エスニックファッション雑貨
    • Opt LABEL - セレクトメガネ
    • Chronostaff DAH DAH - 時計・アクセサリー
    • BRICK HOUSE シャツ工房 - レディス・メンズシャツ
    • BLESS - シルバーアクセサリー
    • ティンバーランド - メンズ・フットウェア
    • reat's - カジュアルデニムウェア
    • ZERO8 - シルバーアクセサリ・革製品
    • BINGO - 雑貨・古着
    • ニュースタイル - バラエティ雑貨
    • ASBee - シューズ
  • フーズ

4階専門店内カフェ

サービス店舗

催事場[編集]

イオン寄りのフリースペースを「イーストコート」、FLAXUS寄りのフリースペースを「ウエストコート」と呼称し、コンサートや季節特売などの催事に活用されている[18]

シネマ棟[編集]

シネマ棟(旧ダイヤモンドシティ・ワンダーシティ本館から撮影)

2階の連絡橋(シネマブリッジ)で本棟2階と連絡されている。

シネマレストラン(1階)[編集]
  • びっくりドンキー - ハンバーグレストラン
  • サイゼリア - イタンリアンレストラン
  • スガキヤ - ラーメン・ソフトクリーム
  • 葉山珈琲chouchou(シュシュ) - セミセルフカフェ
  • 西安刀削麺 劉家(リュウカ) - 中華

スポーツ棟[編集]

地上通路で本棟(店舗棟)と連絡。

  • グンゼスポーツクラブ「COMS(コムズ)」
  • ヤマハユニスタイル ワンダーシティセンター (ヤマハミュージック東海西店)- 音楽・英語教室(3階)

提携隣接店[編集]

これらの店舗の利用客は、シャトルバスや駐車場はmozoワンダーシティのものも利用できる。

  • ジェームス名古屋西店 - カー用品
    mozoの東側に隣接し、mozo専門店カードで割引特典を受けることができる。
  • イオンペット名古屋西店(旧AHBインターナショナル株式会社ペットスクエア) - 総合ペットショップ、動物病院[3]
    2007年に旧ワンダーシティの新築工事に伴って、ワンダーシティの別棟「ワンダースクエア」にあった店舗(ペットスクエア、ペットプラス)が移転開業したもの。[19]mozoワンダーシティの東側の愛知県道451号(名古屋外環状線)を挟んだ隣接地で営業している。したがって、交通案内には「シャトルバスあり」「大型駐車場有」と表記されており、mozoワンダーシティと同じ内容になっている[4]。営業日もmozoワンダーシティと同じ日となっている。
    • ワンダー動物医療センター - 動物病院 →2007年3月「アテナ動物医療センター[5]」→2012年2月「イオン動物病院 中部医療センター」(イオンペットが運営)
    • Beauty Plus ワンダーシティ店 - ペットトリミング・ホテル→2007年3月「Beauty Plus名古屋西店」(イオンペットが運営)
    • ペットプラス- ペットショップ →2007年3月「ペットプラス名古屋西店」(株式会社AHBとイオンペットの合同運営)
    • イオンペット しつけ教室【名古屋西】  →2013年6月本格開始。

将来構想[編集]

全面リニューアル事業は完了しているが、下記の将来構想が示されている。

増床計画[編集]

  • シネマ棟イオンシネマの増床(3階部追加)構想がある(名古屋市への申請書の注釈として記載)。
  • 本棟横の立体駐車場棟の1階は、店舗とすることができるように天井が高くなっている。

隣接関連店舗計画[編集]

上小田井商業施設(仮称、後に取り下げ)
上小田井駅北口正面に所在したナゴヤセーレンの工場跡地に、2011年度から2012年度の開業を予定していたショッピングセンター。当初はマックスバリュ中部カーマホームセンターを核事業者としたオープンモール型ショッピングセンターの計画で、
  • mozoの徒歩3分圏内の位置にあることから、週末の日中に発生する渋滞が深刻化しているmozoと機能分化を図り、地元住民への食料品・日用品の購入の保証を図る
  • イオン名古屋WC時代にはケーヨーデイツー(旧:メガマート)がテナントとして入居していたが、mozoへのリニューアル時に再開が見送られため、要望の多かったホームセンターを設置する
といった狙いがあったが、工場の解体後に土壌汚染が確認され、その除去工事による着工の遅れから2011年度末にイオンが撤退し、一旦申請の取り下げが行われた。
その後、2012年6月7日には「2013年度初頭の開店」を目指すとし、カーマホームセンターのみの申請へ変更された。当初予定されていたマックスバリュの出店については未定であり、再申請時には店舗見取り図から削除されていた。その後、この計画自体も取り下げられ[20]マルハン上小田井駅前店が2013年11月7日に開業している[21]
当初計画(取り下げ)
名称: 上小田井商業施設(仮称)
テナント: マックスバリュ、カーマホームセンター、クリーニング店、小規模飲食店等
所在地: 名古屋市西区貴生町68等
敷地面積: 27,951.13 ㎡
延床面積: 9,219.23 ㎡
駐車場: 422台
イオン撤退後の計画(取り下げ)
名称: カーマホームセンター上小田井店(仮称)
申請日: 2012年6月7日
敷地面積: 16,529 ㎡
延床面積: 5,523 ㎡
店舗面積: 4,534 ㎡
建築確認・大規模小売店舗立地法による確認: 2012年9月予定
建築着工予定: 2012年11月予定
竣工予定: 2013年4月予定
開店予定: 2013年5月予定

交通アクセス[編集]

環境への配慮としてパークアンドライドを推進。名鉄・地下鉄各駅周辺の指定駐車場から公共交通を利用した場合、買い物金額に応じて駐車料金を助成する制度を実施している。また、manacaで上小田井駅まで公共交通を利用した場合、mozoエコポイントを進呈し、基準数に達した場合は交通費を助成する制度も実施している。

隣接店舗[編集]

プレイランドキャッスルワンダー店
ゲームセンター・パチンコ・スロット(東海地区最大級規模) - 旧北東駐車場跡・ジェトロ名古屋輸入住宅展示場フェイムス(FAMES:1996年3月~2004年3月頃)跡、愛松建設株式会社輸入住宅展示場跡に開設。
イオンペットペットスクエア名古屋西店(株式会社AHB、イオンペット株式会社が運営)
2007年に旧イオンモール名古屋ワンダーシティの新築工事に伴って、同SCの旧ワンダースクエア棟裏から県道をはさんで向かい側に移転し、開業。支店が2009年4月13日よりmozo内で「ペットスクエアイオンモールmozoワンダーシティ店」として営業開始(先述)。
  • イオン動物病院中部医療センター・Beauty Plus名古屋西店・ペットプラス名古屋西店
ジェームス名古屋西店
2009年4月13日以降、「mozo提携店」という位置づけとなる(前述)。
有限会社第四フジタクシー小田井営業所
前述のように旧営業所の用地は三菱商事が買収し、立体駐車場の進入路・平面駐車場となった。現在は旧営業所の真向かいに移転し営業している。また、mozoへのタクシー手配を引き受けている。

脚注[編集]

  1. ^ 19-28(新設):平成19年12月届出 上小田井ショッピングセンター:西区二方町 - 名古屋市 2012年7月6日閲覧
  2. ^ シネマ棟は2000年11月10日、スポーツ棟は2007年8月26日に開業。
  3. ^ 日本リテールファンド投資法人>不動産ポートフォリオ>ポートフォリオマップ>mozo ワンダーシティ - 2012年12月18日閲覧
  4. ^ 2012年10月2日現在、準共有持分について、日本リテールファンド投資法人が60%、原資産所有者(=オリジネーター)の三菱商事(上小田井SC2合同会社)が40%所有しているが、将来的には日本リテールファンド投資法人が完全取得予定(優先交渉権を確保)日本リテールファンド投資法人第21期アニュアルレポート
  5. ^ 日本リテールファンド投資法人および三菱商事株式会社からの受託(パススルー型マスターリース契約およびプロパティマネジメント契約[1])。なお、旧ダイヤモンドシティ・ワンダーシティと同様、パススルー型マスターリース契約については、株式会社ザイマックスプロパティズ(SC敷地の元になったアイテックス(旧愛知紡績、[2])の不動産管理部門を買収)が受けている。それを介してプロパティマネジメント契約はイオンモールが受託している(日本リテールファンド投資法人第23期アニュアルレポート)。なお、アイテックスがザイマックスの子会社になり、本SCに間接的に関与している理由は、敷地の一部がアイテックスの退職金支払請求債権の担保となっているためである。
  6. ^ イオンモールサイトレポート2010 mozoワンダーシティ
  7. ^ 全国のイオンモール一覧イオンモールアニュアルレポート2013年2月版
  8. ^ 大規模小売店舗立地法の申請上の名称は「上小田井ショッピングセンター(ワンダーシティ)」。施設管理事務所の名称は「mozo ワンダーシティ イオンモール事務所」。
  9. ^ イオンモールアニュアルレポート2013「業績評価に影響する基準:開発投資の財務諸表への影響について」
  10. ^ シネマ棟は三菱商事からのPM物件ではなく、イオンモールが(イオン名古屋WCから引き続き)三菱UFJリースからのリースを受けて運営を担当する(土地・建物賃借)ため、建物名称は「ワンダーシティシネマ棟(旧ワンダーシネマ10)」、イオンモール内部での名称は「イオンモール名古屋ワンダーシティ」が継続されており、本棟とは異なる会社が警備を担当している。また、スポーツ棟はmozoの本棟よりも早く開店した関係で、「ワンダーシティスポーツ棟」の名称を正式名称とする。ただし、双方の営業・広報はmozoの中に取り込まれている。
  11. ^ かつてはエディオンも「エイデン小田井ワンダー店」の店舗名を用いていた。
  12. ^ 三菱商事が原資産保有者。イオンモールへ運営委託(プロパティマネジメントを委託)している。
  13. ^ イオンモールが賃借し、イオンモールが直接運営している
  14. ^ 手続き上は、再開発の事業主体の三菱商事による特定目的会社「上小田井SC2合同会社」に売却
  15. ^ 今春グランドオープン予定 『mozo wondercity (モゾ ワンダーシティ)』 ショッピングセンターの名称決定のお知らせ
  16. ^ 新たに生まれ変わる都市型コンプレックスショッピングセンター「mozo wondercity (モゾ ワンダーシティ)」 4月21日(火) AM9:00 グランドオープン
  17. ^ 譲渡に関するニュースリリース旧イオンモール名古屋ワンダーシテイ時代も、JRFへ信託譲渡していたが、モゾワンダーシティへ建て直しの際に、三菱商事(特定目的会社「上小田井SC2合同会社」)が再取得していた。開店後3年経過したため、予定通り再譲渡したものである。ただし、旧イオンモール名古屋ワンダーシテイ時代のように、イオンモールへ運営主体・広報主体を移管していない。引き続き、三菱商事がイオンモールへプロパティマネジメントを委託する契約による運営である。
  18. ^ 2009年10月まで本棟の最西端(スポーツ棟・上小田井駅寄りの出入り口付近)も絨毯張りの催事場となっており、2009年4月13日の開店時はミニの展示会を行っていた。以降は大規模抽選会や季節特売会場にも利用され、現在はマクドナルドとなっている
  19. ^ 2009年4月13日よりサテライト店舖として、ペットプラス等が「ぺットシティ/ペットスクエア」として、mozoワンダーシティ内でも営業再開(相互補完関係で運営されている)。2014年3月、店舗看板から「ペットスクエア」が外され、正式にイオンペットとなった(mozoワンダーシティ内店舗は、2013年11月に変更済)。
  20. ^ 平成 22年10月13日付名古屋市への申請(取り下げのためリンク切れ)平成 24年6月7日付名古屋市への申請概要
  21. ^ マルハン ナゴヤセーレン跡地で工事を計画(日刊遊技情報)2013年5月31日建通新聞電子版パチンコマルハン上小田井店公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト[編集]

ポータルサイト

所有・管理会社

テナント

名古屋市届出関係[編集]

大規模小売店舗立地法による届出公示

地域貢献実施状況報告書