Movement (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Movement
9mm Parabellum Bulletスタジオ・アルバム
リリース 2011年6月15日
ジャンル ロック
レーベル EMIミュージック・ジャパン
プロデュース 9mm Parabellum Bullet
チャート最高順位
9mm Parabellum Bullet 年表
Revolutionary
2010年
Movement
2011年
Dawning
2013年
テンプレートを表示

Movement』(ムーヴメント)は、日本ロックバンド9mm Parabellum Bulletの4枚目のフルアルバム2011年6月15日発売。

解説[編集]

  • 前作『Revolutionary』から約1年2ヶ月振りとなるフルアルバム。
  • 初回限定盤はスリーブケース仕様となっており、『Movement Moment Tour 2011』の9月公演チケット先行抽選受付のフライヤーが入っている。
  • 菅原は今作のレコーディング中に「1stアルバム(『Termination』)を録っている気分」[1]と発言している。一方で滝は初のセルフプロデュースとなった『Revolutionary』が、1枚目の製作状況に心境が似ていたことから、2枚目の『VAMPIRE』を作っているときの気分だったと語っている[2]
  • 先行シングルは「新しい光」の1曲のみであり、アルバム曲のPVが製作されていない初のフルアルバムである。

収録曲[編集]

  1. 荒地
    (作詞:菅原卓郎 作曲:滝善充、菅原卓郎)
    菅原が作曲に関わるのは『VAMPIRE』に収録された「Faust」以来である。
  2. Survive
    (作詞:菅原卓郎 作曲:滝善充)
  3. 新しい光
    (作詞:菅原卓郎 作曲:滝善充)
    3rdシングル「新しい光」収録曲。
  4. Face to Faceless
    (作詞:菅原卓郎 作曲:滝善充)
  5. 銀世界
    (作詞:菅原卓郎 作曲:滝善充)
  6. Muddy Mouth
    (作詞:菅原卓郎 作曲:中村和彦)
  7. 星に願いを
    (作詞:菅原卓郎、滝善充 作曲:滝善充)
    この曲で滝が初めて作詞に関わっている。
  8. Monday
    (作詞:菅原卓郎 作曲:中村和彦)
  9. Endless Game
    (作詞:菅原卓郎 作曲:滝善充)
    この曲のリフに酷似したものが「act II」のDISC2に収録されており、副音声でメンバーも「まだ世に出てない」「幻の曲」と言っていたことから元ネタはこれだと思われる。
  10. Scenes
    (作詞:菅原卓郎 作曲:滝善充)
    菅原と滝はこの曲を「これは名曲ですね」と、「act IV」内で言っていた。
  11. カモメ
    (作詞:菅原卓郎 作曲:滝善充)
    かなり初期からあった曲だがうまくまとまらず収録は本作まで見送られていた。
    同年9月7日発売の4th E.P.「カモメ e.p.」に"Strings Version"として収録される。

脚注[編集]

  1. ^ 2011/1/29*卓郎9mm Parabellum Bullet 公式ブログ
  2. ^ 2011年6月13日放送のSCHOOL OF LOCK!より