モンスター・ナイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Monster9から転送)
移動: 案内検索
株式会社モンスター・ナイン
monster9
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
東京都港区麻布台1-9-10
(2011年11月現在)
設立 2005年2月9日
事業内容 テレビ番組の企画・制作、スポーツテーマパーク運営など
代表者 代表取締役CEO 樋口潮(破産開始決定前)
破産管財人 北川秀二弁護士
資本金 1000万円
売上高 約24億円(2010年3月期)
従業員数 30人
外部リンク http://www.monster9.com/ 破産廃止により[リンク切れ]
テンプレートを表示

株式会社モンスター・ナインは、かつて存在した日本の制作プロダクションである。

概要[編集]

『TBSスポーツ』(現:TBSテレビスポーツ部)を経て、『ドリマックス・テレビジョン』でプロデューサーをしていた樋口潮を中心として、2005年に設立された。スポーツエンターテイメント番組を得意分野とし、テレビ番組の企画制作のほかに、アミューズメントパークを経営していた。

TBSの「最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦」「SASUKE」「KUNOICHI」「筋肉祭」や、テレビ東京の「ソロモン流」などの番組を制作した。このほか、2006年12月に東京・台場スポーツテーマパーク「お台場マッスルパーク」を、2010年7月には北海道で「千歳マッスルパーク」を開設した。しかし、お台場は2010年10月に、千歳は2011年8月に、それぞれ閉園している。

なお、設立以前の「筋肉番付シリーズ」や「SASUKE」を含め、同社が制作する番組では負傷事故が繰り返されており、収録時の安全対策に疑念が絶えなかった(TBSテレビの項も参照)。

また、関連会社「株式会社デジタルナイン」が開催しているマッスルミュージカルでも、2007年に出演者から不当労働行為で訴えられたり[1]、NHKの番組出演時に重傷を負った出演者が労働災害を申し立てる[2]といった問題が噴出していた。

2011年11月11日、資金繰りが悪化していたことなどを理由に、関係会社の株式会社デジタルナインとともに、東京地方裁判所自己破産を申し立て、破産手続きを開始した。負債は2社あわせて35億6600万円だが、粉飾決算の疑いが持たれている[3][4]

2012年7月17日、東京地方裁判所により破産手続廃止の決定がなされ、消滅した[5]

「SASUKE」に関しては、モンスター・ナインの自己破産申し立て後はしばらく放送がなかったが、2012年12月放送の第28回大会以降はTBSが直接制作(制作協力としてドリマックス・テレビジョンFOLCOM.が関与)する形で継続している。

本社所在地の変遷[編集]

所属スタッフ[編集]

プロデューサー[編集]

プロデューサー兼演出[編集]

  • 小掛義之

演出兼ディレクター[編集]

  • 渡辺賢

ディレクター[編集]

  • 中島敦
  • 小網啓之

主な制作番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マッスルミュージカル俳優が賃金引き下げ無効申し立て(ZAKZAK 2007年5月29日付)
  2. ^ NHK番組で「マッスルミュージカル」出演者が重傷(ZAKZAK 2007年6月15日付)
  3. ^ TBS「サスケ」制作会社が破産!粉飾表面化で経営行き詰る-芸能-ZAKZAK夕刊フジ・2011年11月14日発行分、当日閲覧)
  4. ^ 倒産速報東京商工リサーチ 2011年11月14日
  5. ^ 『官報』 2012年07月30日 号外 20 公告
  6. ^ 金融庁EDINET・2009年12月18日付大量保有報告書参照
  7. ^ 金融庁EDINET・2011年1月17日付変更報告書参照

関連項目[編集]