Monkey's Audio

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Monkey's Audio
作者 Matthew T. Ashland
最新版 4.12 / 2013年6月26日
プログラミング言語 C++
プラットフォーム Windows
種別 音声圧縮, エンコーダ
ライセンス Monkey's Audio Source Code License Agreement
公式サイト www.monkeysaudio.com
テンプレートを表示
Monkey's Audio
拡張子 .ape,.mac
開発者 Matthew T. Ashland
種別 音声ファイルフォーマット
テンプレートを表示

Monkey's Audioモンキーズ・オーディオ)とは、音質を落とさずにLPCM(wav)を可逆圧縮する音声フォーマットおよび圧縮・解凍アプリケーションのこと。拡張子はape、mac。一部では「猿音」「」などと呼ばれる。

音声圧縮技術としては古参に数えられ、圧縮率が高い。フリーウェアであり、ソースコードおよび他のアプリケーションから簡単に利用できるSDKが公開されているため幅広く利用されている。

ただし、正式版ソフトウェアが公開されているのはMicrosoft Windows版のみ。有志が他のOSに移植したものとしてはBeOS版、Haiku版がある。HaikuはMonkey's Audioを標準サポートしている。なお、COWON社の携帯マルチメディアプレイヤーA3で初めて採用された。

また、正式版がWindowsのみのサポートでありクロスプラットフォーム展開を行う上で難があること、エラー耐性が低くインターネットでの配布用途には向かないこと、著作権保護の仕組み(DRM)を持たないことなどから、商用にはほとんど利用されていない。

キューシートを基に各トラックごとに分割したAPE Link files(拡張子は.apl)を作成することができ、APE v2タグを用いたタグを付加することが可能となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]