Mobitex

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MobitexOSIベースのオープン標準であり、無線パケット交換網の規格である。Mobitexは安全性と信頼性が高いことから、欧米では軍、警察、消防、救急といった分野で広く採用された。1980年代初め、スウェーデンの Televerket Radio が開発し、1988年にはエリクソンとTeleverketの合弁企業 Eritel が開発を引き継いだ。同社は後にエリクソンの子会社となっている。Mobitex がスウェーデンで運用開始されたのは1986年である。

1990年代中ごろ、Mobitexを使用した双方向無線呼び出しサービスが開始され、一般消費者が利用できるようになった。これは常に使える無線ネットワークとしては世界初で、これを使った無線によるプッシュ型電子メールサービスが登場した(RadioMail、Inter@ctive Paging など)。Research in MotionBlackBerryの最初の機種や、Palm III などのPDAでも Mobitex を通信手段として採用していた。アメリカ同時多発テロ事件ハリケーン・カトリーナに代表される2005年のハリケーンでの救助活動で、Mobitexはその信頼性の高さを証明し、大いに役立った。

Mobitex はパケット通信であり、ナローバンドで、データのみの技術である。特に短いバーストデータに適している。Mobitex のチャネルは12.5kHzの帯域である。北米では900MHzで運用されており、ヨーロッパでは400から450MHzで運用されている。変調方式GMSKで、通信プロトコルにはSlotted ALOHAを使い、8000bit/s の転送速度である。ただし、ユーザーから見た実際のスループットはその約半分である。

このネットワークは北米では初の無線データ通信サービスだった。加入者サービスとしては、カーボンコピー(複数受信者)機能付き電子メッセージ送信機能と任意の無線端末や固定端末にログオンしてメールボックス内のメッセージを受け取る機能があった。

Mobitexは5大陸で30以上のネットワークが運用されている。カナダでは、1990年にロジャース (Rogers Cantel)、1991年には RAM Mobile Data が運用を開始した。しかし2005年現在、アメリカとカナダ以外のネットワークは低調である。ヨーロッパではGSMに押されてほとんど消滅しかかっている。ただし、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクのMobitexネットワークは比較的好調である。

北米では様々な名称でマーケティングされており、RAM Mobile Data、BellSouth Wireless Data、Cingular Interactive、Cingular Wireless、Velocita Wireless、Rogers Wireless(カナダ)などがある。

イギリスでは RAM Mobile Data の名で運用されていたが、一部は Transcom と名を変え、2001年にBTに買収された。イギリスでの最大のユーザーはロードサービス業者で、故障情報のほとんどがMobitexをベースにしたゲートウェイソフトウェア Turbo Dispatch を使って送信されている。

イギリスでは、自動車団体が協力してフォーマットの標準化を図った。これにより、約800の契約自動車修理工場で大きな節約になった。規格を保守している Turbo Dispatch Standards Group は、年間2000万件の自動車故障/修理の情報が Turbo Dispatch で転送されていると見積もっている。

Mobitex は "Mobitex Technology" として全世界でマーケティングされている。

参考文献[編集]

  • Sven Lindmark: "Evolution of techno-economic systems (2002): an investigation of the history of mobile communications", ISBN 91-7291-194-8
  • Professional Recovery, December 2001, Partnership Publications
  • Vehicle Recovery Link, May 1999, R K Solutions.
  • Hagen’s Heroes, a Green Flag Publication

外部リンク[編集]