Minix

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MINIX
MINIX screenshot.png
MINIX 3.1.2a
開発元企業 / 開発者 アンドリュー・タネンバウム
OSの系統 Unix系
開発状況 開発継続中
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース 3.3.0 / 2014年9月16日(2か月前) (2014-09-16
カーネル種別 マイクロカーネル
既定のユーザインタフェース ash
ライセンス BSDライセンス
ウェブサイト http://minix3.org/

Minix(ミニックス)とは、1987年オランダアムステルダム自由大学: Vrije Universiteit Amsterdam)の教授であるアンドリュー・タネンバウムが、オペレーティングシステム (OS) の教育用に執筆した著書 Operating Systems: Design and Implementation の中で例として開発したUnix系オペレーティングシステム (OS) である。

歴史[編集]

UNIXソースコードAT&Tのライセンス問題により非公開になった[1]ため、OSの教材用にUNIX version 7の互換システムを再設計したものである。機能上新しさはないが、マイクロカーネル構造を採用するなど、モダンな洗練が行われている。元々IBM PCを対象に実装されたが、その後AtariAmigaMacintoshSPARCなどにも移植された。

特徴[編集]

初期のバージョンは非常にコンパクトであり、フロッピーディスクでの運用もできた。2005年にリリースされたMinix 3では動作にハードディスクを要するものの、割り込みハンドラプロセススケジューラプロセス間通信機能などを含むマイクロカーネル本体のソースコードは4000行弱に抑えられている。なお、VMwareBochsなど仮想マシンでも動作する。

1987年のリリース当初からすべてのコードは公開されていたがオープンソースではなかった。これは出版社であるPrentice Hallの意向と、タネンバウム自身による「Minixはあくまで教育用のホビーであり、実用が目的ではない」という考えによる。とりわけ特徴的なのは、Minixには仮想記憶が実装されていなかったことである。なお、ライセンスは2000年に変更されて、過去のソースコードも含めてBSDライセンスが採用されるようになった。

バージョン 3.2.0 からはNetBSDとの親和性を深め、コンパイラ、ブートローダー、ユーザーランドの置き換えを順次進めている。

Linuxとの関係[編集]

Minixの「実用を目的としない」というポリシーに対し、ニュースグループ comp.os.minix において、Minixを実用に耐えるOSにしようという試みが提示された。しかし、タネンバウムは機能を追加することに否定的だったため、リーナス・トーバルズは新たにOSを作ることを決断し、1991年10月にはついにLinux version 0.02がリリースされるに至った。

これに対し、タネンバウムはLinuxの設計に対する批判を展開し、論争が起こった(アンドリュー・タネンバウムとリーヌス・トーヴァルズの議論[2]

結果として、後発のLinuxやFreeBSDの方が広く普及することとなったが、Minixのソースコードはコンパクトで初学者にも読みやすく、教材としての目的は十分に達しているといえる。

脚注[編集]

  1. ^ UNIX#UNIXの普及と展開
  2. ^ ディベート:リナックスは時代遅れだ

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Andrew S. Tanenbaum; Albert S. Woodhull (2005). Operating Systems: Design and Implementation (Third Edition ed.). Prentice Hall. ISBN 978-0-13-142938-3. 
  • A.S. タネンバウム、A.S. ウットハル 『オペレーティングシステム 設計と理論およびMINIXによる実装』 千輝 順子、今泉 貴史、ピアソンエデュケーション、1998年、第2版。ISBN 978-4-89471-047-4
  • A.S. タネンバウム 『オペレーティングシステム』 吉澤康文, 木村信二, 永見明久, 峯博史、ピアソンエデュケーション、2007年、第3版。ISBN 978-4894717695

外部リンク[編集]