Midori (オペレーティングシステム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Midori
開発元企業 / 開発者 マイクロソフト
開発状況 開発中
対応プラットフォーム IA-32, x64, ARM
カーネル種別 マイクロカーネル(言語ベース)

Midori(ミドリ)はマイクロソフトリサーチが開発中のマネージコードをベースとしたオペレーティングシステム (OS) のコードネーム

概要[編集]

Midori というコードネームは CHESS: A systematic testing tool for concurrent software と題したPowerPointのプレゼンテーションで初めて一般に明らかになった[1]2009年4月プログラミング言語BitCとオペレーティングシステムCoyotos[2]を推進しているJonathan S. Shapiroは、マイクロソフトでMidoriプロジェクトに関して職を得たことを発表し、2009年8月以降はBitCについて作業しないとしている[3]

機能[編集]

並行性を重視した設計で、アプリケーションは複数の場所で動作できる[4]。また、全く新たなセキュリティモデルを採用し、アプリケーションのサンドボックスによりセキュリティを強化している[5]

既存ソフトとの関係[編集]

Windowsとの関係[編集]

マイクロソフトはWindowsからMidoriへのいくつかの移行経路を明らかにしている[6]

Singularityとの関係[編集]

Singularityオペレーティングシステムの商用化される可能性のある実装の1つと言われている[7][8]。Singularityは2003年に開始された研究プロジェクトで、高ディペンダブルOSであり、カーネルデバイスドライバもアプリケーションも全てマネージコードで書かれている。

Oslo composite application initiativeとの関係[編集]

マイクロソフトのOslo composite application initiativeとの関連から、プログラミングモデルはメタデータに依存し、アプリケーションの管理が強化されると言われている[9]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Madanlal Musuvathi; Shaz Qadeer; Thomas Ball (2007年11月). “CHESS: A systematic testing tool for concurrent software”. Microsoft. 2008年7月22日閲覧。
  2. ^ The Path to Coytos
  3. ^ Where Has shap Been Hiding? Jonathan S. Shapiro、2009年4月3日
  4. ^ Microsoft's plans for post-Windows OS revealed SD Times' David Worthington、2008年7月29日
  5. ^ Microsoft's Midori to sandbox apps for increased security SD Times' David Worthington、Midoriのセキュリティについて、2008年8月5日
  6. ^ Microsoft maps out migration from Windows SD Times' David Worthington、Windowsからの移行について、2008年7月31日
  7. ^ Mary-Jo Foley (2008年6月30日). “Goodbye, XP. Hello, Midori”. 2008年7月22日閲覧。
  8. ^ Marius Oiaga (2008年6月30日). “Life After Windows - Microsoft Midori Operating System”. 2008年7月22日閲覧。
  9. ^ Microsoft details Oslo's modeling language, tools SD Times' David Worthington、2008年10月10日

外部リンク[編集]