Microsoft Windows Intune

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Windows Intune
開発元 マイクロソフト
プラットフォーム Windows 8 Pro, Windows RT, Windows 7 (Enterprise / Ultimate / Professional), Windows Vista (Enterprise / Ultimate / Business), Windows XP (Professional SP3)
種別 クラウドコンピューティング
公式サイト http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windowsintune/
テンプレートを表示

Microsoft Windows Intune(マイクロソフト・ウィンドウズ・インチューン)は、マイクロソフトクラウドベースの統合管理ソフトウェアである。

概要[編集]

クライアントPCに導入されるIntuneクライアントソフトウェアと、クラウドベースの管理コンソールで構成され、最大5,000台のWindows PCを統合管理できる。

管理者は管理コンソールに自身の Windows Live ID でログインし、ここから、管理下にある各PCのマルウェアの検知状況や、セキュリティパッチの適用状況、ハードウェア構成やインストールされているソフトウェアなどの情報を一元管理することや、それぞれのPCにリモート ログオンすることも可能である。

社内のIT管理者が自社のPCを管理する場合のほか、複数の顧客から管理を受託する外部のIT管理者の利用を想定して、複数アカウントの管理が可能になっている。

価格[編集]

年間契約の有償サービスであり、価格は地域によって異なる。2012年11月現在、日本国内での価格は1クライアントPCあたり月間1,230円。最初の1年を経過した後は1ヶ月単位で解約することができる。

外部リンク[編集]