Microsoft Expression Blend

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Microsoft Expression Blend(マイクロソフトエクスプレッションブレンド)とは、マイクロソフト2007年2月16日より販売を始めたXAMLベースのユーザーインターフェース設計ツールである。単品のほか、Expression Studioの一部として販売される。

概要[編集]

本製品はデザイナー向けとされ、主にVisual Studioとの連携で使用される。Windows Presentation Foundation(WPF)を利用したアプリケーションの作成についてはVisual Studio 2005にてサポートされたが、各オブジェクトの配置程度のものでしかない。そこで、ユーザーインターフェース部分のデザインを受け持つのが本製品で、以下のことが可能である。

  • 図形などを用いたオブジェクトごとの編集
  • オブジェクトのイベントやプロパティごとにアニメーションを設定し、タイムラインで動きを編集
  • Visual Studioとのプロジェクトの共有

なお、本製品にはVisual Studio 2005 Standard(後述のExpression Blend 2は2008)が同梱されている。

Expression Blend 2[編集]

2008年7月18日にリリースされたExpression Blend 2は、WPFのほかにSilverlightにも対応し、クロスプラットフォーム向けのリッチインターネットアプリケーション設計ツールとしての性格も持った。

Expression Blend 3[編集]

2009年7月22日にリリースされたExpression Blend 3では、Adobe Photoshop形式のファイル(PSDファイル)とAdobe Illustrator形式のファイル(AIファイル)の取り込みに対応し、その他ユーザーインターフェイスのプロトタイプの作成を支援するSketch Flowなどの機能も追加された。

Expression Blend 4[編集]

Expression Blend 4は2010年6月7日にリリースされた。

Expression Blend 4 for Windows Phone[編集]

Expression Blend 4にWindows Phone 7上で動作するアプリケーションのユーザインタフェースデザインを行う機能を付加するもの。2010年4月29日にPreview2がリリースされた。

Blend for Visual Studio 2012[編集]

  • Visual Studio 2012に同梱されている製品。製品名に「Expression」という名前はついていない。
  • Windows 8で使われるWindows ストア アプリおよび、Windows Phone SDKをインストールした場合は Windows Phone アプリのデザインをサポートする。
  • WPFやSilverlightのデザインは、Visual Studio 2012 Update 2 という更新プログラムで対応する予定であることが発表された。
  • 内部バージョンは 5。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]