Micral

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Micral は(キットではなく)完成品の商用パーソナルコンピュータとしては最初のものである。インテル8008を用いていた。

開発者はベトナム生まれのフランス人チー・チュオン (Thi Truong)。若い数学者のフィリップ・カーンがソフトウェアを担当した。パリの情報系工科大学en:EFREIを卒業し、フランスの企業 R2E の設立者であり社長であったチュオンはパーソナルコンピュータをミニコンピュータの置き換えに用いれば有効にコストを下げることができると考え Micral を開発した。この点、チュオンとカーンは後の流行を遥かに先取りしていたことになる。Micral の定価は1750米ドルで、アメリカ合衆国には浸透することができなかった。1979年にチュオンは Micral を Bull に売り、カーンとの関係を続けた。

カーンとチュオンのつきあいは1980年代から1990年代まで続き、その間カーンはボーランド、Starfish Software、Lightsurf Technologiesを設立した。チュオンはカーンとともに Starfish Software で同期化ソフトウェアの開発にあたった。

Micral は2000台ほどが売れ、ほとんどが高速道路の料金所のような垂直アプリケーション(業種毎の専用アプリケーション)に用いられた。

Micralは歴史的な計算機として、現在、計算機歴史博物館に展示されている([1])。