Mark 13 (核爆弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mark 13 / W13
タイプ 核爆弾(Mark 13) / 核弾頭(W13)
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ空軍(計画)
アメリカ陸軍(計画)
開発・生産
開発期間 -1953年8月(Mark 13開発中止)
-1953年9月(W13開発中止)
生産数 なし(試作実験のみ)
要目
核出力 32kt(実験時出力)
弾頭 核分裂兵器(インプロージョン方式)
直径 61インチ(Mark 13)
58インチ(W13)
長さ 128インチ(Mark 13)
100インチ(W13)
重量 3.3t(Mark 13)
2.7-2.9t(W13)
テンプレートを表示

Mark 13アメリカ合衆国が開発していた核爆弾核弾頭型のW13も計画されたが、双方とも1953年に開発中止となった。

ファットマン(Mark 3)系列の核分裂型の核爆弾でありMark 4Mark 6に続く改良型である。外形はほぼMark 6と同じで直径61インチ、長さ128インチで、重量は3.3t。W13核弾頭は直径58インチ、長さ100インチで、重量は2.7tから2.9t、SM-62スナークミサイルまたはPGM-11 レッドストーン弾道ミサイル向けに搭載予定であった。これらはMark 6後期型と同じく92個に分割された爆縮レンズを用いていた。核実験ネバダ核実験場にて1953年5月19日の一度だけ行なわれた(アップショット・ノットホール作戦の"Harry"実験)。実験時の核出力は32kt。

水素爆弾の開発が見通しが立ってきたこともあり、核分裂兵器であるMark 13の開発は中止され、Mark 13は1953年8月、W13は1953年9月に開発中止された。

外部リンク[編集]