Mark77爆弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
F/A-18戦闘攻撃機に搭載されるMark77爆弾。
1993年(平成5年)6月17日撮影

Mark77爆弾(Mark 77 bomb)は、ナパーム弾の代替品として作られた、アメリカ軍が使用している爆弾である。

燃料などの混合物110ガロン(415リットル)を内蔵している750ポンド(340kg)焼夷爆弾である。

公式には2001年以降アメリカ軍は保有していないはずのナパーム弾がイラク戦争で使用されたとマスメディアで報道されたが、実際に使用されたのはこのMark77爆弾だった。

ナパーム弾がガソリンを主成分とするのに対してMark77はガソリンよりも安全で温度の低い灯油が主成分となっている。公文書においてMark77ナパームという表記が使われた事例はあるが、アメリカ国防総省はMark77爆弾を科学的に見てナパーム弾では無く、焼夷弾の一種と主張している。このため、公式に日本語に翻訳される場合「着火性爆弾」と訳される。

マスコミなどでは白リン弾と混同され「白燐兵器」と呼称されている場合もある。

バリエーション[編集]

燃料を減らして軽量化したバリエーションが作られている。

  • Mk 77 Mod 0 - 総重量340kg、燃料416リットル
  • Mk 77 Mod 1 - 総重量227kg、燃料284リットル
  • Mk 77 Mod 2
  • Mk 77 Mod 3
  • Mk 77 Mod 4 - 総重量約230kg、燃料284リットル(1991年湾岸戦争で使用された)
  • Mk 77 Mod 5 - 総重量約230kg、284リットルのJP-4/JP-5ジェット燃料増粘剤を加えた物(2003年イラク戦争で使用された)
  • Mk 78 - 総重量340kg、燃料416リットル
  • Mk 79 - 総重量454kg、燃料424リットル