Magpul PDR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Personal Defense Rifle
Magpul personal defense rifle line art.svg Evers MagPul PDR PDW.svg
RDR-Cのデザイン図
Personal Defense Rifle
種類 アサルトライフル
PDW
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 マグプル(Magpul)
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
銃身長 266-318mm(10.5-12.5インチ)
使用弾薬 5.56mm NATO弾
装弾数 20発(箱形弾倉
30発(箱形弾倉)
全長 48.3cm
重量 1.36-1.81kg(予定)
歴史
設計年 2012年-
バリエーション PDR-D
テンプレートを表示

Magpul PDR(マグプル パーソナル ディフェンス ライフル)は、マグプル社が開発中のブルパップカービン

概要[編集]

ベレッタM92より強力で、M4カービンより取り回し易い銃」というコンセプトのもと、自動拳銃短機関銃カービンなどの従来の護身用火器に替わるPDWとして設計された。

利き腕を選ばない射出システムを備えており、排莢口が左右両方に空いていて切り替えレバー1つで選択できる為、両手利きでの使用が可能になっている。 レシーバー上部に標準装備としてピカティニー・レールが設けられている。

また、新型弾薬とセットであることが多いPDWとしては唯一、オーソドックスな5.56x45mm弾を採用し、弾倉にはAR-15系マガジンを使用する。

外部リンク[編集]