Macintosh互換機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Macintosh互換機(マッキントッシュごかんき)は、アップルMac OSを搭載しMacintosh互換性を有するパーソナルコンピュータMac OS互換機マック・クローンとも呼ばれる。

広義ではアップルのライセンスを受けているか否かにかかわらずMacintoshの互換機全般を指し、狭義では1995年から1998年頃にかけてアップルのライセンスを受けて発売されたMacintoshの互換機を指す。本項では後者について説明する。

モトローラのMacintosh互換機:StarMax 3000/160MT

経緯[編集]

1994年9月、アップルは、低下しつづけるシェアを奪回するために、他社にオペレーティングシステム (OS) のライセンス供給を行なって互換機の製造を認め、多様な製品を提供することによってMacintoshの市場拡大を図る戦略を打ち出した。

これを受けて、アップルが採用していたPowerPCを共同開発したモトローラIBMをはじめ、パイオニア等がアップルとライセンス契約を結んだ。IBMは自社でMacintosh互換機を発売するのではなく、他社にサブライセンスを行なう道を選んだ。1995年にはMacintoshのオペレーティングシステムも稼働できるハードウェア仕様であるCHRPが発表された。

1995年1月には米国でパワーコンピューティング (Power Computing) とラディウス (Radius) がMacintosh互換機を発売。その後、米国ではモトローラ[1]、デイスターデジタル(DayStar Digital)、台湾UMAXからもMacintosh互換機が発売された。

日本においては、1995年5月パイオニアが初の互換機を発売。IBMからサブライセンスを受けUMAXからロジックボードの提供を受けたアキア[2]からも互換機が発売されたほか、モトローラ、ラディウス、デイスターデジタル、UMAXも日本市場へ参入した。

各社から発売された製品は、マルチプロセッサーモデル、音質に力を入れたモデルなどの多彩なものであった。しかしながら、この頃にはMacintoshも十分に安価になっており、互換機の価格面でのアドバンテージはさほど大きなものではなかった。

1997年1月にリリースされたMac OS 7.6は初めて正式にMac OSという名を名乗った。これはMacintosh互換機の発売により、アップルが発売するMacintoshのハードウェアと、アップルのみならず互換機メーカーも搭載するOSとを明確に区別する必要が生じたためであった。

互換機の終焉とその後[編集]

1997年にスティーブ・ジョブズがアップルに復帰すると、互換機は市場の成長に寄与しないばかりか、むしろアップル製Macintoshの競争相手になっているとして、同年7月発売のMac OS 8は他社へのライセンス供給を行わないことを表明し、互換機戦略は撤回された。これにより、互換機メーカーは、パーソナルコンピュータ市場からの撤退や、PC/AT互換機への方向転換を余儀なくされた。互換機最大手のパワーコンピューティングは同年9月にアップルに事実上買収された[3]。Macintosh互換機の製造は、1998年12月末までにすべて打ち切られ、Mac OSを搭載するパーソナルコンピュータは再びアップルのみから発売されることになった。

この互換機戦略の撤回は、CPUの供給の選択ミスによるものとも言われる[要出典]。アップルはPowerPC 603系の発展系として、自社用としてPowerPC 604を、他社の互換機用として低価格・低消費電力のPowerPC 750を開発するものの、結果として前者より後者のほうが性能が高く、他社に自社よりも高性能のCPUを供給する結果になってしまった[要出典]。PowerPC 750は、互換機戦略の撤回後にアップルが自社製品に搭載する際に「PowerPC G3」の名前で再発表して高性能をアピールしており、結果としてG3搭載のMacintoshはかなりの売り上げを示している。

2008年4月、米国サイスターより「EFI V8」のエミュレータを搭載し、Mac OS Xが動作する互換機が発表されるが、アップルのライセンスを受けていない不正な互換機であり、動作にはいくつかの不具合が報告され[4]ている。2009年12月にはアップルとの和解(サイスターが著作権侵害を認め267万ドル以上の賠償金を支払うというもの)を受けて販売が中止された。

主要な互換機メーカー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米モトローラ、Macintosh互換機を発表
  2. ^ アキアがMac互換機市場へ参入、11月にもデスクトップ機を発売 (1996年9月19日)
  3. ^ Apple、Macintosh互換機メーカーPower Computing社を事実上買収
  4. ^ http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200805011338

外部リンク[編集]