MacIP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MacIPAppleTalk上でIPのパケットをカプセル化するプロトコルである。すなわち、IP over AppleTalkである。

目的[編集]

かつてのMacintoshイーサネットを標準搭載しておらず、RS-422ポートによるAppleTalk、すなわちLocalTalkしか利用できなかった。したがって、AppleTalkネットワークとTCP/IPネットワークを共存させるには、両方のネットワークポートを持った専用ゲートウェイで物理的に接続し、パケットのカプセル化を行なう必要があった。


                 MacIP <--------------------> IP
          (IP over AppleTalk)

+---------+                 +-------+                     +-------------------+
|Macintosh|------RS422------|Gateway|-----Ethernet,etc----|Internet, UNIX etc.|
+---------+                 +-------+                     +-------------------+

                LocalTalk <----------------> IPTalk
               (AppleTalk)            (AppleTalk over IP)

                LocalTalk <---------------> EtherTalk
               (AppleTalk)                 (AppleTalk)

機能[編集]

MacOSに付属する機能拡張のMacTCPOpen Transport を用いることでMacIPを利用できる。

ゲートウェイはRS-422から届いたMacIPのパケットからIPパケットを取り出し、TCP/IPネットワークへ流す。逆に、TCP/IP側から届いたIPパケットをAppleTalkで包みRS-422へ流す。

これによって、RS-422だけのMacintoshからUNIX機へtelnetでログインしたり、インターネット上のウェブページを閲覧出来るなど、様々なTCP/IPアプリケーションを利用できる。

また、電話回線などで遠隔地のAppleTalkネットワークと接続している場合、MacIPを用いればTCP/IPをトンネリングできる。

なお、MacIPと逆の概念にIPTalkがある。これはIP上でAppleTalkパケットをカプセル化するものである。

MacIP、IPTalk、EtherTalk等を必要に応じて利用することで、2つのネットワークを相互に利用できるようになる。

歴史[編集]

IPパケットをDDPの中にカプセル化する方法は、1984年から1985年にかけてStanford Ethernet - AppleTalk Gateway (SEAGATE)としてスタンフォード大学のBill Croftによって開発された[1][2][3]

このSEAGATEはKinetics社によりKIP (Kinetics Internet Protocol)と呼ばれるプロトコルになり、FastPathとして商品化された[4]

アップルコンピュータ社 (当時)はこのプロトコルをMaIPとして採用した。

IETF (Internet Engineering Task Force)の"IP over AppleTalk"ワーキンググループは既存のMacIPの実装を説明し、仕様をまとめるドラフトを提出したが[5]、これは破棄された[6][7]

参照[編集]

  1. ^ MacWorld 2004 Keynote: A History Of Macintosh Networking - reported notes - See "Macs and the Internet: a long digression"
  2. ^ MacWorld 2004 Keynote: A History Of Macintosh Networking - relevant slide
  3. ^ Bill Croft announces SEAGATE in TCP-IP list - See "000007"
  4. ^ Bill Croft declares in net.micro.mac that Kinetics are using a modified version of the SEAGATE code
  5. ^ IP Over AppleTalk Working Group Charter
  6. ^ Internet-Drafts Database entry
  7. ^ Latest draft document with content removed

関連項目[編集]

外部リンク[編集]