MU90 (魚雷)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MU90 Impact
MU90.svg
種類 魚雷
原開発国 フランスとイタリア
運用史
配備先  ドイツ海軍,  フランス海軍,  イタリア海軍,  デンマーク海軍,  オーストラリア海軍,  ポーランド海軍
開発史
製造業者 EuroTorp
派生型 MU90 ハードキル
諸元
重量 304 kg
全長 2850 mm
弾体直径 323.7 mm

速度 29 から >50 ノット
弾頭 PBX 成型炸薬弾頭
炸薬量 32.7 kg

エンジン ポンプジェット推進
電気
行動距離 最大速度で10 km以下、最低速度で25 km以下
深度 >1000 m
速度 29 から >50 ノット

MU90 Impact(インパクト)は、 フランスイタリアで共同開発された、水上艦船や航空機搭載用の対潜水艦誘導魚雷

概要[編集]

フランスとイタリアで1980年代に別々に進められていた対潜魚雷開発を統合して開発された。フランスではトムソンSintraので1989年に"Murène"が始まり、イタリアではA244を置き換える為のA290として知られる計画が始まった。1990年に合流して1993年に EuroTorpの設立と共に作業は完了した。[1]

生産は、アレニア(イタリア)、Sistemi Subacquei (イタリア)、DCN インターナショナル (フランス)、タレス・グループ (フランス)などの合弁企業EuroTorp社で行われている。

対潜水艦戦においてアメリカ製のMk46では能力が不足しており、同様に対魚雷防御の為にMU90 ハードキルも設計された。[2] 近代的な仕様のMk46魚雷、具体的にはMk50Mk54に対してどの程度の性能であるかは明確ではない。

前から見たMU90
後ろから見たMU90

MU90はその多くの機能の中で着底した小型潜水艦や無響塗装や様々な囮を含む現在、または感知された脅威に対して対抗する能力がある。

同様に400ノット以上の発射速度が可能で高速飛行中の哨戒機から投下したりロケット式発射装置から投射できる。電気式ポンプジェットにより潜水艦に位置を悟られず静かに進み、または50 km/h以上の速度でダッシュする。[3] 従来の弾頭では浅瀬においては効果が減少したが、成型炸薬弾頭により、ソビエトの二重耐圧殻を含むいかなる既知の潜水艦の船体も貫通する。

日本97式短魚雷アメリカMk50 バラクーダと同様に、深々度・高速力・潜水艦の複殻式耐圧船殻に対応できるようにポンプジェット推進及び成形炸薬弾頭を採用している。

水上艦船のMk 32 短魚雷発射管Bergamini級のミラス対潜ミサイルの弾頭、NFH90AW101などのヘリコプターアトランティック対潜哨戒機などで運用されている。

要目[編集]

  • 全長:2.85 m
  • 胴体直径:32.37 cm
  • 重量:304 kg
  • 航続距離:10(50 kt)-25 km(29 kt)
  • 動力装置 : 酸化銀アルミ電池・電動機
  • 推進器:ポンプジェット推進
  • 速度:29-50 kt
  • 最小深度 25 m
  • 最大深度:1,000 m
  • 弾頭重量: 32.7 kg
  • 弾頭:成形炸薬弾

採用国[編集]

脚注[編集]