MSDOS.SYS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MSDOS.SYS は、MS-DOS および Windows 9x系で重要なシステムファイルである。IO.SYS の後に動作する。MS-DOS では、MSDOS.SYS にオペレーティングシステム本体のコード、すなわちカーネルが含まれている。Windows 9x系ではDOSカーネルのコードは IO.SYS に統合されており、MSDOS.SYS は設定情報が書かれたテキストファイルになっている[1]

通常、このファイルは起動ドライブのルートディレクトリ(通常 C:\)に存在し、隠しファイル属性、読み取り専用属性、システムファイル属性が付与されている。

DR-DOS や PC-DOS では同じ機能を持つファイルとして IBMDOS.COM が存在する。

Windows NT ベースのOS(NT、2000、XP、Vista)では、ブート方法が異なるので(NTLDRなど)、このファイルは使われていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Windows の Msdos.sys ファイルの内容”. サポート技術情報. マイクロソフト (2004年12月27日). 2009年5月27日閲覧。