MRFタイヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MRFタイヤ
MRF Limited.
種類 公開会社
市場情報 ボンベイ証券取引所など
本社所在地 インドの旗 インド
チェンナイ
設立 1946年
業種 ゴム製品
事業内容 タイヤ、化工品
外部リンク MRF Types
テンプレートを表示

MRFタイヤ(エムアールエフタイヤ)は、インド最大のタイヤメーカー。本社はインドのチェンナイ

概要[編集]

1946年マドラス・ラバー・ファクトリーMadras Rubber Factory )の名称でおもちゃのゴム風船製造からスタート。1952年よりタイヤの接地面(トレッド)に使用されるゴムの製造を開始すると高い評判を獲得、インドにおけるタイヤ用ゴムの市場シェアで50%以上を占めるようになった。1961年にアメリカのマンスフィールドタイヤ&ラバーからの技術供与を受ける形でタイヤ自体の製造に進出。1964年からはタイヤの輸出も開始した。

1980年にはアメリカのBFグッドリッチと提携して、スペースシャトル用のタイヤ開発に参加。1985年からは二輪車用のタイヤの製造・販売にも進出し、文字通りインドを代表するタイヤメーカーとなった。

現在はタイヤ製造以外にも玩具メーカー大手の米ハズブロとの合弁企業として「Funskool India」を設立し、インド市場向けに玩具を製造・販売したりもしている。またクリケットの支援にも積極的である。

モータースポーツ[編集]

モータースポーツへの参入は比較的最近で、1997年F3用のタイヤを開発・供給し始めたのが最初。2001年には同社のタイヤを使用したマシンがアジアパシフィックラリー選手権(APRC)で初勝利を飾る。2004年から2011年にかけては、APRCに三菱・ランサーエボリューションで参戦する田口勝彦を支援していた。

2010年からは「MRF Challenge」の名称でジュニア・フォーミュラワンメイクレースシリーズを発足させた。英国のバンデーメン製のシャーシにフォード1.6Lエンジンを搭載。ドライサンプ化されている為に非常に高いコーナリング性能を持つ。2012年からはダラーラ製のシャシーにフォーミュラ・ルノー用エンジンを搭載したマシンを使用することになり、事実上F3レベルの選手権と言われている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MRF Challengeとは? - Gold Wolf Racing

外部リンク[編集]