MRC分子生物学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MRC分子生物学研究所(エムアールシーぶんしせいぶつがくけんきゅうじょ、Medical Research Council, Laboratory of Molecular Biology: MRC, LMB)は医学生物学に関連した基礎研究をおこなっているイギリスの国立研究所である。

1947年にイギリス政府の医学研究局(Medical Research Council: MRC)が創設。タンパク質核酸の配列決定法を確立したフレデリック・サンガーや、DNA二重螺旋構造を発見したフランシス・クリックジェームズ・ワトソンなど、現在までに18名のノーベル賞受賞者を輩出している。2002年にノーベル生理学・医学賞を受賞したシドニー・ブレナーが、線虫C. elegansをモデル生物として用いて研究を始めた場所でもある。2007年現在、64人の研究グループ長、200人の大学院生や博士研究員、132人の事務職員や技術職員が在籍している。2002年から2007年までの5年間で400報以上の論文を発表している。

2009年には、ヴェンカトラマン・ラマクリシュナンリボソームの構造解析・機能解明の業績により、ノーベル化学賞を受賞した。 2012年にはジョン・ガードンが、京都大学山中伸弥とともにノーベル生理学・医学賞を授賞した。

所在地[編集]

ケンブリッジ大学医学部及びアデンブルック病院(Addenbrooke's hospital)や、MRCタンパク質工学センター(MRC Centre for Protein Engineering)などに隣接している。

研究部門[編集]

過去のノーベル賞受賞者[編集]

ポスドク経験者等でのノーベル賞受賞者[編集]

外部リンク[編集]