MP3008

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MP3008
MP 3008 Sub Machine Gun.jpg
MP3008
MP3008
種類 短機関銃
製造国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
年代 1940年代
仕様
口径 9mm
銃身長 196mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 32発
作動方式 オープンボルト
全長 760mm
重量 3180g
発射速度 約450発/分
銃口初速 365m/秒
有効射程 100m
歴史
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
テンプレートを表示

MP3008は、ナチス・ドイツにより第二次世界大戦末期に製造された短機関銃である。 Gerät Neumünster (ゲレート・ノイミュンスター)又はVolksmaschinenpistole (国民短機関銃)とも称された。

開発経緯と概要[編集]

第二次世界大戦末期、ドイツは東からのソ連軍、西からのアメリカ・イギリス軍の侵攻に対処するために急遽編制した国民突撃隊への可及的速やかな火器供給を迫られていた。しかし連合軍の執拗な空襲による軍需工場の破壊・損傷と長年の戦争による人的資源の枯渇によって工業生産力が大幅に低下していたため、可能な限り構造が単純でドイツ軍の主力短機関銃であるMP40より生産性の高い銃器が求められていた。そこで注目されたのが、イギリス製のステンガンである。ステンガンは生産性を極限まで追求して設計されており、極めて安価かつ短時間で製造が可能で、それ以前にも(おそらく謀略工作用に)ゲレート・ポツダムの名でステンMk.IIの完全な模倣品が製造された経緯があった。

MP3008は前述のとおりステンMk.IIをモデルにしているが、外見上はマガジン(MP38/MP40用を流用)が下側(ステンガンは銃口から見て右側)に装着されていることで見分けがつく。

1944年11月から生産が開始されたが、戦争末期の工業施設と交通インフラの破壊、資源不足の影響により、発注数100万挺に対して実際の総生産数は1万挺の半分にも満たない程度とみられている(MP38/MP40の総生産数は約100万挺、ステンガンの総生産数は資料にもよるが320万~470万挺)。 2006年にドイツのHZA Kulmbach GmbHによってレプリカモデルBD 3008が発売された。

MP3008が登場するメディア作品[編集]

ゲーム[編集]

国民突撃兵が装備。

小説[編集]

イ507に持ち込まれた兵器として登場。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]