MOA-2007-BLG-192Lb

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MOA-2007-BLG-192Lb
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
MOA-2007-BLG-192L.jpg
主星の周りを回るMOA-2007-BLG-192Lbの想像図(右)
主星
恒星 MOA-2007-BLG-192L
星座 いて座
赤経 (α) 18h 08m 04s[1]
赤緯 (δ) −27° 09′ 00″[1]
距離 3000±1000 ly
(1000±400[2] pc)
主星との距離
推定距離 (d) 0.62+0.22−0.16[2] AU
物理的性質
質量 (m) 3.3+4.9−1.6[2] M
発見
発見日 2008年5月30日
発見者 デヴィッド・ベネット他
発見方法 重力マイクロレンズ法
観測場所 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
マウントジョン天文台
現況 発表済み[2]
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data

MOA-2007-BLG-192Lb(MOA-192bと略されることがある)は、射手座にある約3,000光年離れた太陽系外惑星である。この惑星は、褐色矮星か低質量恒星であるMOA-2007-BLG-192Lの周回していることを発見された。質量は地球の1.4倍程度であり、これまでに知られている最も軽い系外惑星のひとつである。重力マイクロレンズキャンペーンの際、2007年5月24日、ニュージーランドのマウントジョン天文台によるMOA-II重力マイクロレンズ観測により検出された。

主星は我々の太陽の約6%の質量であり、核融合反応を継続するには小さすぎ、褐色矮星として薄暗く輝いていると考えられる。主星との距離は、約0.6天文単位と推定される。ノートルダム大学天文学者デヴィッド・ベネットによると、おそらく多くの氷とガスによって形成された惑星であることを意味しており、地球型惑星より天王星型惑星であると推測される。

脚注[編集]

  1. ^ a b Notes for star MOA-2007-BLG-192-L”. The Extrasolar Planets Encyclopaedia. 2008年6月16日閲覧。
  2. ^ a b c d Bennett, D. P.; Bond, I. A.; Udalski, A.; et al. (2008), “A Low-Mass Planet with a Possible Sub-Stellar-Mass Host in Microlensing Event MOA-2007-BLG-192”, Astrophysical Journal 684 (1): 663–683, doi:10.1086/589940 

関連項目[編集]

外部リンク、参考文献[編集]