MHTML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MIME Encapsulation of Aggregate HTML (MHTML) は、MIMEのマルチパートを利用することで、元となるHTML文書と、それからリンクされる画像動画などのリソースを1つのデータとして纏めるフォーマットである。電子メールでの利用を想定しているが、ウェブページを一つのファイルとして保存する用途にも用いられている。

概要[編集]

MHTMLは、RFC 2110で定義され、その後RFC 2557の改訂をうけている。

現在の多くのHTML文書は、元となるHTMLと、URIによって参照される画像や動画などで構成されている。これらのリソースは別々のデータとして存在する。

一方、それまでのHTMLを用いた電子メールではHTML本体のみしか扱うことが出来なかった。 MHTMLはMIMEのマルチパートを用いることで、元のHTMLと他のリソースを纏め、一通の電子メールで完全なHTMLマルチメディア文書を転送できるようにしたフォーマットである。

MIMEのフォーマットに則っているため、US-ASCII以外のテキストデータや画像などのバイナリデータQuoted-printableBase64でエンコードする。

現在のHTMLメール対応を謳うメールソフトの多くは、このMHTMLを扱うことが出来る。

電子メール以外での利用[編集]

RFC2557は、MHTMLは電子メール以外のプロトコル (HTTPFTP) でも一度に転送出来ることや、完全なHTML文書のアーカイブとして保存出来ることを示唆している。

事実、1999年3月のInternet Explorer 5でウェブページをアーカイブするフォーマットとして採用された。これはRFC2557の発行時期とほぼ一致する。

ウェブページをMHTMLで保存できる機能をもつ実装系は、Internet Explorerの他、Microsoft Office (WordExcelPowerPointAccess)、Operaなどがある。Mozilla FirefoxGoogle Chromeでも設定をしたり、拡張機能を導入することで扱えるようになる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]