MG 17 機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MG 17 機関銃
MG 17.jpg
MG 17 機関銃
MG 17 機関銃
種類 航空機関銃
製造国 ドイツ
設計・製造 ラインメタル
年代 第二次世界大戦
仕様
口径 7.92mm
使用弾薬 7.92x57mmモーゼル弾
作動方式 ショートリコイル 回転ボルト式
全長 1,175mm
重量 10.2kg
発射速度 1,100~1,200発/分
銃口初速 905m/s(AP弾「SmK L'spur」)
855m/s(曳光弾
歴史
配備先 ドイツ空軍
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
テンプレートを表示

MG 17は、1933年に、ドイツラインメタル社が開発した固定式の航空機関銃第二次世界大戦以前からドイツ空軍航空機に多数搭載され、旋回式として他にMG 15があった。

運用[編集]

MG 17は、スイスのゾロターン(英語読みでソロサーン)社製で、ラインメタル社も裏で開発に係わっていたMG 30から発展したもので、作動方式は同じであったが、箱形弾倉だったものが、ヴェルサイユ条約で禁止されていたベルト給弾式に変更されている。

そして再軍備を始めたドイツ空軍航空機の固定機関銃として採用され、航空機と共に他国に輸出も行われている。

しかし、このクラスの機関銃は航空機用として威力不足と見なされるようになり、Bf 109E戦闘機では主翼武装がMG FFに変更され、1941年には機首固定式・旋回式としてMG 131が採用されたが、一部の機体では終戦まで用いられている。

旋回式のMG 15は以前から空軍地上部隊の装備としても使われていたが、MG 131に更新され余剰となったMG 17も、即製の銃架に載せられ地上部隊で使用された。

当時ドイツでは旧型扱いのMG 17であったが、日本陸軍ではヴィッカーズ系の八九式固定機関銃の後継となる、九八式固定機関銃の名で仮制式とした。しかし国産のバネの品質が劣り、プロペラ同調不良が多発したため実際には量産されなかった。なおMG 17はキ43(一式戦闘機「隼」)の試作1-3号機に搭載されていた。

搭載機[編集]

関連項目[編集]