MEN'Sテイオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MEN'Sテイオー
MEN'Sテイオーの画像
プロフィール
リングネーム MEN'Sテイオー
テリー・ボーイ
本名 大塚武生
ニックネーム メンズ姐さん
身長 170cm
体重 80kg
誕生日 1966年12月16日(47歳)
出身地 東京都新宿区
所属 大日本プロレス
トレーナー グラン浜田
テリー・ファンク
デビュー 1992年9月7日
テンプレートを表示

MEN'Sテイオー(めんずテイオー、本名:大塚 武生(おおつか たけお)、1966年12月16日 - )は、大日本プロレスに所属するプロレスラーである。東京都新宿区出身。東海大学卒業。

大日本プロレスの公式サイト上ではカタカナでメンズ・テイオーと表記されている[1]

経歴[編集]

学生プロレス出身で、リングネームはテリー・ファックテリー・ファンクの真似)だった。スポーツジムの正社員(インストラクター)として働いていたが、レスラーとしてユニバーサル・プロレスリングに入団。1992年9月7日、テリー・ボーイ(テリー・ファンク公認)という名で、群馬県・伊勢崎市民体育館でスペル・ティグリートを相手にデビューする。みちのくプロレスに移籍し、新崎人生と抗争を繰り広げる。その後、SATO(現:ディック東郷)、獅龍(現:カズ・ハヤシ)と「平成海援隊」を結成する。

新日本プロレスに、他のみちのくプロレス勢と共に登場した時、学生プロレス出身ということで、新日のレスラーから目の敵のように扱われ、袋叩きやタッチ拒否等の理不尽な扱いを受けている。

1998年にWWF(現:WWE)に移籍。KAIENTAIとしてTAKAみちのくと絡み活躍。

帰国後は大日本プロレスに所属し、関本大介と『MEN'S CLUB』(メンズクラブ。テイオーを師と仰ぐスーパーアスリート達が集うグループ。オリジナルメンバーは関本と伊東竜二)を結成。デスマッチ団体を豪語する大日本の中でレスリング路線を主体とし、後の『ストロングBJ』につながる基礎を築く。一方で団体の売りであるデスマッチ路線においても、ファイヤーデスマッチで殺虫剤を火炎放射器にしたりするなど、持ち前のひらめきで対戦相手や観客の想像を超えた凶器の使い方を見せ、異彩を放つ。このため、大日本で045邪猿気違'sが主宰する「スクール・オブ・デス」では、理事長として参加。

また、666興行では、学生プロレス時代の経験を生かした会場実況として参加し、「バカ社長」ことクレイジーSKBの監視と共に大石真翔等のメンズクラブに関する問題で頭を抱えている。

ファイトスタイルから腕を使うことが多く、2011年2月に右腕を骨折した際は回復が思わしくないまま9月まで参戦したが、腕の手術を決断し欠場。2012年5月に復帰してからは回復具合を見計らいながら出場しデビュー20周年を迎えた。

ゲイの気があるらしく(本人は否定)、自分のことを「姐さん」と呼んでいるDDT男色ディーノとは関わることを拒んでいる(ただし過去にシングル戦(GAY世界アナル級タイトルマッチ)で対戦したことはある。結果はテイオーの勝利)。このことから、葛西純からは「男か女か分からない」と言われている。さらにはサムライTVの特番で、電車内で痴漢に遭ったことを暴露したところ、同席していた風香から「男の人が好きなんですよね」とまで言われている。

リングネーム[編集]

現在、過去に用いたことがあるリングネーム

  • MEN'Sテイオー(現在も使用)
  • パトリオット・ミニ
  • テリー・ボーイ
  • 大塚武生

得意技[編集]

古典的アメリカンプロレススタイルが特徴。一瞬の丸め込みや一点集中攻撃の理詰めなレスリングを得意とする一方で、狡猾なラファイトも得意とし、デスマッチやコミカルスタイルにも対応出来る懐の深いレスリングスタイルでもある。みちのく時代は周囲の選手が空中殺法主体のルチャリブレスタイルが多かったため、アメリカン・プロレススタイルに重点を置くテイオーは短期間のうちに高い壁へと成長した。

ミラクルエクスタシー
チョークスラムのように相手の喉をつかんで持ち上げ、そこからパワーボムの要領で前に落とす技。
旧名:ノンストップスカイライナーパラダイスゴーゴー
セクシャルエクスタシー
相手の股間を掴んでのミラクルエクスタシー。男色ディーノ戦で自身を師と仰ぐディーノをこの技で下し格の違いを見せつけた。
ブレーンバスター
テイオーの場合、抱え上げてから落下するまでの時間が長い。いわゆる長滞空式
スピニング・トーホールド
師匠テリー・ファンクから受け継いだ技の一つ。
ローリングエルボー
ディスカスエルボーとも呼ばれる。
トルネードクラッチ
飛行機投げの体勢からクラッチを解かずに、ブリッジを決めてフォールを奪う固め技でいわゆるファイヤー・マンズ・キャリーホールド。別名:テイオークラッチ
CK(カルヴァン・クライン)
アトミック・ドロップの要領で抱え上げた相手を旋回させ、相手の胸元に左肘をそえて落下させる変形のサイドバスター。
アルマーニX
ジャックハマーと同型。
テイオーロック
羽根折り固めと同型。
テイオーロック2
ナガタロックIIIと同型。
テイオー・デスロック
インディアン・デスロックの体勢から後方に倒れ込んで負荷を加える。アントニオ猪木が得意としたリバース・インディアン・デスロックの体勢から後方に倒れ込むものとは仕掛ける相手の状態が前後逆である。
ロイヤルロック
四の字に交差させた相手の片足を両手で持ち、折り曲げた方の足を自身の両足で固定して振動を加える変形の足4の字固め。
鉄柱四の字
自身の右足の代わりに鉄柱を使用して決める足4の字固め。反則カウントを取られるか、場外カウントを取られる。
合体技
ファイト一発
関本大介及び葛西純との合体技。テイオーが「ファイト!」と叫びながらローリングエルボーを放った後、「一発!」と叫びながら、関本はラリアットを、葛西は蛍光灯攻撃を放つ。
T・Tインパクト
TAKAみちのくとの合体技。テイオーがパワーボムで抱え上げた相手にTAKAがスワンダイブ式ラリアットを決める。
T・Tインパクト2004
こちらもTAKAみちのくとの合体技。こちらはラリアットではなくTAKAがスワンダイブ式ニールキックを決める。
アブノーマル・スープレックス
海援隊DX時代の合体技でダブルチョークスラムの体勢から後方にブリッジして決めるフェイスバスター。
ハルマゲドン
こちらも海援隊DX時代、獅龍および、ディック東郷との合体技。獅龍のダイビング・ボディ・プレス、テイオーのダイビング・エルボー・ドロップ、東郷のダイビング・セントーンを続けざまに放つ。

一子相伝・男のイロハ47テクニック[編集]

2008年12月31日のプロレスサミットにおいて、15分間の制限時間内に、若手選手を中心にした複数の選手を相手に、テイオーが一人で頭文字がいろは順のプロレス技を順にかけて行く試合(エキシビション)が行われた。太鼓の合図とともに一文字ごとに該当の字がスクリーンに映され挙行される。

  • 「い」一本足頭突き
  • 「ろ」ロックアップ(技ではない)
  • 「は」ハンマー投げ
  • 「に」ニークラッシャー
  • 「ほ」ボディスラム
  • 「へ」ヘッドロック
  • 「と」トルネードクラッチ
  • 「ち」チョークスラム
  • 「り」リストクラッチ
  • 「ぬ」ヌド
  • 「る」ルーテーズプレス
  • 「を」オクラホマ・スタンピード
  • 「わ」ワンハンドバックリーカー
  • 「か」鎌固め
  • 「よ」ヨーロピアンクラッチ
  • 「た」ダブルアーム・スープレックス
  • 「れ」レッグロック
  • 「そ」ソバット
  • 「つ」ツームストーン
  • 「ね」ネックブリーカー
  • 「な」投げっ放しジャーマン
  • 「ら」ランニングネックブリーカー
  • 「む」無双
  • 「う」ウラカン・ラナ
  • 「ゐ」胃袋固め
  • 「の」ノーザンライトボム
  • 「お」オールドスクール
  • 「く」首固め
  • 「や」ヤシノ実割り
  • 「ま」卍固め
  • 「け」ケブラドーラコンヒーロ
  • 「ふ」フライングボディアタック
  • 「こ」コブラツイスト
  • 「え」エビ固め
  • 「て」テキサスクローバーホールド
  • 「あ」アームブリーカー
  • 「さ」逆さ抑え込み
  • 「き」キーロック
  • 「ゆ」弓矢固め
  • 「め」目つぶし
  • 「み」耳そぎチョップ
  • 「し」地獄突き
  • 「ゑ」エクスプロイダー
  • 「ひ」ヒップアタック
  • 「も」モンゴリアンチョップ
  • 「せ」旋回式パワーボム
  • 「す」スピニングトーホールド

以上「ん」を除く47文字の技を残り4秒で全てやり遂げた。

タイトル歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [http://www.bjw.co.jp/fighter_detail.php?id=28 ストロングBJ メンズ・テイオー]

テーマ曲[編集]

  • MONDO CONDO『HALLELUJAH』(大日本プロレステーマ曲コレクションに収録)