MEKO A-100型フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クダ級哨戒艦
US Navy 110126-N-6320L-821 The Royal Malaysian Navy corvette KD Kelantan (175) is underway in the Strait of Malacca.jpg
マレーシア海軍「クランタン」
艦級概観
艦種 哨戒艦(OPV)
就役期間 2006年 - 現在
性能諸元
排水量 満載: 1,650 t
全長 90.1 m
全幅 12.8 m
喫水 3.6 m
機関 キャタピラー3616 ディーゼルエンジン (5,450 kW/7,310 hp) 2基
可変ピッチ式スクリュープロペラ 2軸
速力 24kt
航続距離 18kt /4,700nmi
乗員 176名
兵装 76mmスーパーラピッド砲 1基
マウザーMK 30 30mm機関砲 1基
12.7mm重機関銃 2挺
艦載機 スーパーリンクス300 哨戒ヘリコプター 1機
C4I 海軍戦術情報システム
(COSYS-110 M1/ARGOS+リンク 11
レーダー TRS-3D/16ES 3次元式 1基
TMX/EO 砲射撃指揮 1基
ソナー NDS-3060 対障害物用
電子戦
対抗手段
タレス・セプター ESM装置
ALEX/SRBOCチャフフレア発射機

MEKO A-100型フリゲートは、ドイツブローム・ウント・フォス社(Blohm + Voss GmbH)によって設計された軽フリゲートMEKO型フリゲートの系譜に属するものとしてはもっとも小型の艦型である。

概要[編集]

MEKO A-100型は、ブローム・ウント・フォス社の有名な輸出用フリゲート・シリーズであるMEKO型フリゲートの新しいMEKO Aシリーズにおける軽フリゲート/コルベットとして位置づけられている。しかし実際には、同じMEKO Aシリーズに属する大型フリゲートであるMEKO A-200型フリゲートよりは、従来型のMEKO 200型フリゲートをベースに小型化したような設計となっている。このため、とくに軽武装の哨戒艦(OPV)モデルは、しばしば単にMEKO 100型として呼ばれることがある。

2014年現在、MEKO A-100型は、マレーシア海軍ポーランド海軍によって導入されている。このうち、マレーシア海軍向けのMEKO 100 RMN型 (クダ級哨戒艦)は、必要最小限の装備のみを搭載した哨戒艦モデルであり、武装は、中口径砲と機銃のみに限られている。これに対し、ポーランド海軍が導入しているモデル(ガヴロン級コルベット)は、PDMSSSMなど、一通りの武装を搭載した汎用戦闘艦となっている。

設計[編集]

ブローム・ウント・フォス社は、以前、本型とほぼ同大の軽フリゲートとしてMEKO 140型フリゲートを開発していた。しかし、これは、比較的大型のMEKO 360型フリゲートをベースとしており、デッドスペースの発生が避けられないモジュール設計を適用するには船型過小だった。また、外洋域での戦闘を遂行するため、設計に無理を重ねることとなり、発注者はアルゼンチンのみであった。

MEKO 100型フリゲートは、MEKO 140型の失敗を十分に研究した上で開発された。すなわち、ベースとしては、より小型のMEKO 200型フリゲートが採用されたので、設計の困難は最低限に抑えられた。そしてまた、冷戦構造の崩壊以後の世界情勢のなかでますます重要性を増す戦争以外の軍事作戦に焦点を当てて、哨戒艦艇としての性格を強めての設計がなされた。これにより、運用人員は削減され、最低では26名の乗組員によって運航できるようになった。

その一方、重武装を望む顧客に対しての対応も、おろそかにはなされなかった。MEKO型に伝統的なモジュール化設計は、軽武装の哨戒艦を容易に重武装のコルベットに改装することを可能としている。また、兵器テクノロジーの発達によって、戦術情報処理装置や各種レーダーなどはより小型化されており、小型のコルベットに対しても十分な火力を提供できるようになっている。例えば、MEKO 100型哨戒艦は、民生用の航海レーダーと極めて簡素な対水上捜索レーダーしか搭載しないことで、運用の手間と取得コストを削減することができるが、その一方で、ほぼ同一の設計によるMEKO A-100型コルベットは、対空捜索レーダーと艦対空ミサイルを誘導するための射撃指揮システム一式を搭載することによって、対艦ミサイルをはじめとする航空脅威からの自衛能力を得ることができる。

なお、本型をベースとして、ドイツ海軍向けに開発されたコルベットがブラウンシュヴァイク級コルベット(MEKO A-130型)である。船体設計は基本的に同一であるが、上部構造物後部のヘリコプター格納庫は、無人機2機を収容できるように改設計されているほか、ドイツ海軍の運用要求に則った装備が施されている。

クダ級哨戒艦[編集]

MEKO 100/A-100型の最初の発注者はマレーシア海軍であり、その設計はMEKO 100 RMN型と呼ばれている。これはクダ級哨戒艦(Kedah class offshore patrol vessel)として6隻が建造され、2006年より就役を開始した。

クダ級は、軽武装の哨戒艦として就役しており、現在搭載している武装は、有名な76mm単装速射砲と、30mm単装機関砲が各1門、そして12.7mm重機関銃が2丁のみである。しかし、上記したようなMEKO 100型の特性を生かして、必要に応じて、RAM近接防空ミサイルおよびエグゾセ艦対艦ミサイルを搭載したコルベットとして改装できるように配慮されている。また、電子兵装は既に哨戒艦としてはかなり強力なものが装備されており、対空レーダーとしては3次元レーダーであるTRS-3Dが搭載され、またソナーも装備されている。固有の対潜兵装は持たないが、上部構造物後部にはヘリコプター格納庫が設置されており、SH-60 シーホーク級の機体も運用可能となっている。

なお、艦名はいずれもマレーシアの州名から採られている。

同型艦
# 艦名 起工 造船所 進水 就役
F171 クダ
KD Kedah
2001年11月13日 B+V 2003年3月21日 2006年6月5日
F172 パハン
KD Pahang
2001年12月21日 HDW 2003年10月2日 2006年8月3日
F173 ペラ
KD Perak
2002年3月 ブーステッド
海軍工廠
2007年11月12日 2009年6月3日
F174 トレンガヌ
KD Terengganu
2004年8月 2007年12月6日 2009年12月8日
F175 クランタン
KD Kelantan
2005年7月 2008年11月24日 2010年5月8日
F176 スランゴール
KD Selangor
2006年7月 2009年7月23日 2010年12月28日

ガヴロン級コルベット[編集]

ガヴロン級コルベットの模型

MEKO 100/A-100型の2番目のユーザーとなる予定だったのがポーランド海軍だった。ポーランド海軍が発注したモデルは、船体設計そのものは先行するMEKO 100 RMN型に準じていたが、はるかに重武装のコルベットとして開発されたことから、MEKO A-100型と呼ばれていた。ポーランド海軍においてはガヴロン級コルベットGawron-class corvettes)と称され、計画番号は621号であった。本級は、バルト海における作戦行動を主眼として開発されており、ドイツ海軍において同様の任務をになうブラウンシュヴァイク級コルベット(MEKO A-130型)に近い装備を行なっていた。ただし、A-130型よりもやや大型の艦であることから、武装はより強化されており、RBS-15艦対艦ミサイルのほかに、個艦防空ミサイルESSMまたはVL-MICA)の垂直発射機と中型ヘリコプター(SH-2G)を搭載する計画であった。

ポーランド海軍は、本級を7隻取得する計画であり、1番艦は「スレザック」(Ślązak)、2番艦は「クヤヴィアク」(Kujawiak)と命名されて、2015年より就役を開始する計画であった。しかし2012年2月、計画はキャンセルされた。2001年に起工されていた1番艦は哨戒艦に変更された。

参考文献[編集]

  • 岡部いさく「再び甦るコルベット 見直される存在意義」、『世界の艦船』第698集、海人社、2008年11月、 76-81頁。
  • 編集部「新型コルベットの技術」、『世界の艦船』第698集、海人社、2008年11月、 82-87頁。
  • 福好昌治「コルベット輸出市場を概観する」、『世界の艦船』第698集、海人社、2008年11月、 88-91頁。
  • 藤木平八郎「第1艦誕生から20年 MEKO型フリゲイトの系譜」『世界の艦船』2002年7月号(通巻第598集)
  • 吉原栄一「MEKO型フリゲイトの技術的特徴」『世界の艦船』2002年7月号(通巻第598集)