MD4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MD4
一般
設計者 ロナルド・リベスト
初版発行日 1990年10月[1]
シリーズ MD2, MD4, MD5, MD6
詳細
ダイジェスト長 128 bits
ラウンド数 3
最良の暗号解読
ハッシュ計算2回でハッシュ衝突を作成可能[2]

MD4は、1990年にマサチューセッツ工科大学ロナルド・リベストによって開発されたハッシュ関数の一種。暗号ハッシュ関数を実装する。SHARIPEMDなどに影響を及ぼした。

One MD4 operation : MD4 consists of 48 of these operations, grouped in three rounds of 16 operations. F is a nonlinear function; one function is used in each round. Mi denotes a 32-bit block of the message input, and Ki denotes a 32-bit constant, different for each operation.

与えられた入力に対して、128bitハッシュ値を出力する。

MD4に対する脆弱性1991年に実証された。2004年には、MD4におけるハッシュ衝突を作成することが可能であることが報告された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The MD4 Message Digest Algorithm”. Network Working Group (1990年10月). 2011年4月29日閲覧。
  2. ^ Yu Sasaki, et al. (2007). New message difference for MD4. http://www.iacr.org/archive/fse2007/45930331/45930331.pdf. 

外部リンク[編集]