MD-94X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マクドネル・ダグラス MD-94X (McDonnell Douglas MD-94X)は、マクドネル・ダグラス(現ボーイング)が開発し、1994年からの生産が予定されていたボーイング7J7に対抗するプロップファンエンジンの旅客機である。

開発は1980年代後半に始まった。ライバル機のボーイング7J7と同規模の、最大180名程度の乗客を運べる旅客機として開発が計画された。仕様はMD-80に似ていたがカナード翼や層流翼や渦流境界層制御、(光ファイバー伝送式の)サイドスティック操縦桿、アルミニウム・リチウム合金のような先進的な技術の導入が検討されていた。燃費が最大60%抑えられるという主張に航空会社は興味を示したにも拘らず、旅客機向けのプロップファン実用化には振動問題があったことや、省燃費の高バイパス比ターボファンエンジンの実用化に伴い、MD-94Xシリーズはボーイング7J7と共に開発中止となった。

同時期にMD-80シリーズの胴体部を用いた100-110名のタイプのMD-91X、150名程度のタイプのMD-92Xも計画され、前者は1991年、後者は1992年からの就航が予定されていた。既存のDC-9とMD-80シリーズも同様にプロップファンエンジンに更新する事も検討された。

エンジンはゼネラル・エレクトリック GE-36やP&W/アリソンの578DXが検討されていた。

同機の開発中止に伴い、同様に検討されていた海軍での使用に則した軍用版であるP-9D計画も中止された。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]