MD-80/MD-90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マクドネル・ダグラス MD-80/MD-90
McDonnell Douglas MD-80/MD-90

アリタリアのMD-82

アリタリアのMD-82

マクドネル・ダグラス MD-80/MD-90 (McDonnell Douglas MD-80/MD-90) とは、マクドネル・ダグラス社が開発した2発リアエンジンナローボディの小型短距離ジェット旅客機である。DC-9をベースとしたその発展型で、MD-80シリーズとMD-90シリーズの大きく2つの派生型に分けられる。ベストセラー機のひとつとして、2000機近くが生産された。

MD-90シリーズの派生型のひとつのMD-95は、開発の最中にマクドネル・ダグラス社をボーイング社が買収し、開発・製造を引き継いだため、正式名称はボーイング717となった。

開発までの経緯[編集]

DC-9の誕生[編集]

DC-9シリーズは、1963年4月に開発が決定し開始された。前作のDC-8よりもエンジンをはじめとする性能面の向上が目標とされた。

ライバルのボーイングが開発していたボーイング727と違い乗客数が90名~140名と、DC-9はボーイング727よりも多少小さかったが、DC-9の売上はよく、マクドネルダグラス社は大きな成功を納めた。

MD-80とMD-90の開発[編集]

ブルーライン社のMD-83

1970年代末より、マクドネルダグラス社は新たにDC-9シリーズの一環として、新型旅客機スーパー80シリーズの開発を開始した。これはDC-9-50を改良・ストレッチしたものであり、DC-9-81、DC-9-82、DC-9-83の3種類の開発がアナウンスされた。DC-9-81の初飛行は1979年10月18日である。

このスーパー80シリーズはボーイング727よりも低騒音・低燃費で、パイロットは2人だけで済むなどという利点から、当時まだ勢力を保っていたボーイング727を圧倒した。このことが、ボーイング727の生産終了の決め手の1つとなったともいわれている。こうして、スーパー80シリーズのうち-81については1980年スイス航空によって就航が開始された。なお、1983年に「DC (Douglas Commercial) 」の名称使用は取りやめ、「MD (McDonnell Douglas) 」の名称を使用することとなり、スーパー80シリーズは「MD-80シリーズ」と名称が変更された。

MD-80シリーズは人気が高く、当初のMD-81/-82/-83に次ぎ、短胴型のMD-87が開発、製造された。また、コックピットの一部がグラスコックピット化されたMD-88も登場した。

1993年には、MD-80シリーズの後継機ともいえるMD-90型が登場した。MD-80シリーズよりもさらに低騒音・低燃費であったが、MD-80シリーズほどの人気は得られなかった。MD-80シリーズは1999年まで、MD-90型は2001年まで生産が続いた。

MD-95の開発とボーイングによる買収[編集]

MD-90型に次ぐジェット旅客機は、MD-95という名称で1991年から開発が始まっていた。MD-90型よりも乗客数を減らし、乗客数は100名程度が目標とされた。

だが、開発中にマクドネル・ダグラス社はボーイングによって買収されたため、開発はボーイングが引き継ぐこととなった。ボーイングは当初開発を中止することも検討したが、ボーイングのラインナップを補完できると考え、機種名はボーイング717として開発を継続、1998年より生産が開始された。

こうしてボーイング717が誕生したものの、同様のサイズを持つボーイング737-600などとの直接競合を避けるためと、2001年アメリカ同時多発テロの航空旅客一時激減などの影響を受けて、生産は2006年に終了し、生産機数は156機という少数にとどまった。

MD-80シリーズ[編集]

機体後部に2基の小さなエンジンを装備し、高能率な翼、T型の特徴的な尾翼が印象的で、マクドネルダグラス社の前作DC-9の後継機となった。座席配置は横5列で、エコノミークラスの座席配置に最適だった。乗客数は、MD-87が約140名、それ以外は170名程度である。

1980年に就航し、その後派生形が相次いでデビューした。DC-9よりも人気が高く活躍時期も長かった。また、このころに登場したボーイング737-300/400/500のライバル機にもなった。

主要な運用者としてアエロメヒコオーストリア航空ノースウエスト航空アメリカン航空デルタ航空スカンジナビア航空スイス航空アリタリア航空フィンランド航空イベリア航空日本エアシステム中国東方航空中国北方航空アラスカ航空大韓航空ミッドウェスト航空遠東航空が挙げられるが、これらの多くが2000年代に入って引退させている[要出典]。また、この他にも59の航空会社が少数ながらMD-80シリーズを導入している。

MD-90[編集]

エバー航空のマクドネル・ダグラスMD-90型機

MD-90型は、MD-80シリーズの後継型にあたる旅客機であり、MD-80シリーズよりも近代化されている。また、エンジンは低騒音で低燃費のV2500を搭載している。

MD-90型は1989年に開発が開始され、1993年に初飛行、1995年に路線就航した。

デルタ航空サウジアラビア航空日本エアシステムスカンジナビア航空が主要なユーザーとなった。2008年3月時点で、MD-90型は中国東方航空中国南方航空日本航空ライオン・エア、サウジアラビア航空、立栄航空ブルーワンハローエバー航空、デルタ航空が使用している。

日本エアシステムが導入したMD-90型は、映画監督の黒澤明がデザインした7種類の虹色塗装のものであったが、日本航空との合併により日本航空標準の塗装に変更された。2012年後期には、1機が鶴丸塗装に変更されている。 日本航空の就航便は2013年3月30日広島発羽田便がラストフライトとなり退役した。

MD-95[編集]

ジェットスターのMD-95(ボーイング717-200)

MD-95型は、DC-9をベースとした旅客機の最終作である。MD-90型の短胴型として開発された。開発途中の1997年にマクドネルダグラス社がボーイングによって買収されたため、正式の機種名はボーイング717である。

新たにロールス・ロイス・ドイツ(当時はBMWロールス・ロイス)のBR715型エンジンを搭載している。また、MD-95型ではコクピットがそれまでのMD-90型と比較しても、大幅にグラスコックピット化されている。

156機のボーイング717が1998年2006年まで生産されたが、ボーイング737-600などとの直接競合を避けるために注文が停止された。トランスワールド航空バリュージェット航空(現在のエアトラン航空)、ミッドウェスト航空ハワイアン航空バンコクエアウェイズが主要なユーザーとなった。現在もこれらの航空会社の多くで使用されている。

 制作時期的にはボーイング777<ボーイング717<ボーイング787となる。

仕様[編集]

MD-81 MD-82/-88 MD-83 MD-87 MD-90-30ER
乗客数 172 (1 クラス制) 139 (1 クラス制) 172 (1 クラス制)
最大離陸重量 140,000 lb (64,000 kg) 149,500 lb (67,800 kg) 160,000 lb (72,600 kg) 140,000 lb (64,000 kg) 166,000 lb (70,760 kg)
航続距離 1,570 nm (2,900 km) 2,050 nm (3,800 km) 2,500 nm (4,600 km) 2,400 nm (4,400 km) 2,750 nm (4,425 km)
就航速度 811 km/h
全長 147 ft 8 in (45.1 m) 130 ft 4 in (39.7 m) 152 ft 7 in (46.5 m)
全幅 107 ft 8 in (32.8 m) 107 ft 10 in (32.87 m)
全高 29 ft 6 in (9.05 m) 30 ft 5 in (9.3 m) 30 ft 6 in (9.4 m)
エンジン (2基) P&W JT8D-209
各18,500 lbf (82.29 kN)
P&W JT8D-217A/C or -219
各20,000 lbf (88.96 kN)
P&W JT8D-219
各21,000 lbf (93.41 kN)
P&W JT8D-217C
各20,000 lbf (88.96 kN)
IAE V2525-D5
各25,000 lbf (111.21 kN)

航空事故[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]