MAT 49

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MAT 49
Submachine gun MAT 49.jpg
MAT 49
概要
種類 短機関銃
製造国 フランスの旗 フランス
設計・製造 チュール造兵廠
性能
口径 9mm
銃身長 230mm
使用弾薬 9mm x 19
装弾数 32/20発
作動方式 ストレート・ブローバック
オープン・ボルト
全長 460/720mm
重量 3.5kg(マガジン無し)
発射速度 600発/分
銃口初速 m/s
有効射程 150~200m

MAT 49は、第二次世界大戦後にMAT(Manufacture Nationale d'Armes de Tulle:チュール造兵廠)で設計された、フランス製の短機関銃である。

開発[編集]

第二次世界大戦後、フランスはMAS 38に代わり新型短機関銃の採用を計画し、チュール造兵廠で開発されたMAT 49が採用され、生産を開始した。 MAT 49は安価に大量生産を行うためにプレス加工を多用し、MAS 49半自動小銃AA-52汎用機関銃と共に陸軍外人部隊、空挺部隊、植民地軍、警察に大量配備された。
チュール造兵廠における生産は1960年代半ばまで続き、その後の生産はMAS(Manufacture d'Armes de St-Etienne:サン=テティエンヌ造兵廠)が引継ぎ、FA-MASが制式採用される1979年まで製造を続けた。                 

概要[編集]

MAT 49は信頼性やメンテナンスの容易さを重視していたため、単純な構造で、部品数も少ない。また、ウージースターリングのようなセミオート/フルオート切り替え機能がなくフルオート射撃だけなのも、こうした理由からである。ピストル式グリップの後部にグリップ・セイフティが装備され、しっかり握らないと射撃できない。マガジンハウジングは前方に折りたたんでよりコンパクトに持ち運びができる。

警察用として製造されたものはMAT49/54の名称で呼ばれ、ベレッタ M38A モスキートと同様にセミオート用とフルオート用の二つの引き金が装着され、銃身を延長して固定式の木製銃床を装備している。

使用国[編集]

フランス、アルジェリア、ベナン、ブルンジ、カメルーン、中央アフリカ、コモロ諸島、コンゴ共和国、コートジボワール、ジブチ、ガボン、ギニア、ギニアビサウ、マダガスカル、モロッコ、モーリタニア、ニジェール、セネガル、セーシェル、チャド、ラオス、レバノン、ボリビア、北ベトナムなど。
MAT 49の導入国はアフリカ、それも旧フランス植民地だった国が圧倒的に多い。

実戦投入[編集]

第二次世界大戦後に開発されたため、インドシナ戦争アルジェリア独立戦争など、フランス植民地の独立運動を押さえ込む類の戦闘がほとんどであった。また、スエズ運河の権益をエジプトから保護・奪還するためにイギリスイスラエルとともにエジプトに出兵したスエズ危機でも使用された。また、ベトナム戦争にも北ベトナム人民軍もしくは南ベトナム解放民族戦線が、インドシナ戦争の際にフランス軍から捕獲したMAT 49をトカレフ用の7.62mm×25弾を使用するように改修したうえで使用していた。

登場作品[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

ルベル警視がジャッカルを射殺
ダニエルとエミリアンの子どもと一緒に戦争ゴッコをする際にベルティノー将軍が使用

漫画・アニメ[編集]

「誘拐の掟」にて"ゆうれい将軍"が使用

ゲーム[編集]

関連項目[編集]